1. まとめトップ

(超衝撃)不倫芸能人まとめ

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる

更新日: 2017年11月02日

2 お気に入り 38877 view
お気に入り追加

樋口可南子「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです。」

妻の樋口可南子とは再婚である。1981年に一般女性と結婚。同年に娘が生まれたものの、翌1982年には樋口との不倫が発覚。以後、双方が公然と交際を認める不倫関係を約10年間続けた。糸井と前妻との離婚成立後に同居を始め、1993年、樋口と正式に結婚した。

不倫についてのコメントを求める報道陣の前、彼女は毅然とこう言い放ったのです。

「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです。」

2回の結婚ともに妻子ある男からの略奪婚である安藤優子

彼女には2回の不倫略奪婚を繰り返した過去があるのです。
最初の情事は、1988年に報じられます。お相手は、14歳年上の妻子ある男性。電通の営業部長でした。
関係を疑われた安藤は「ただのゴルフ友達です」と言い張ったものの、男性は17年連れ添った妻と離婚した直後に安藤と再婚。しかし、わずか3年ほどで離婚してしまいます。
2回目のスキャンダルは、1996年に発覚しました。
男性は、フジテレビ情報番組のプロデューサー・堤康一氏。彼も妻と子をもつ既婚者です。2人の出会いは安藤が『FNNスーパータイム』に起用された87年まで遡り、当時、彼は同番組のディレクターを務めていました。不倫は、2006年に2人が籍を入れるまで、約10年も続いたのです。

中村昌也さんが留守にしている間に、部屋に梅田健三を連れ込んでいたピストン矢口

1





美人は正義さん

VBAプログラミングでポイントサイトを自動化して稼ぐ方法(VBAによるIE制御)
http://matome.naver.jp/odai/2143811132694889301