1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter発。『自分自身にトホホ…』ってなる話が笑える

ふと我に返り、「自分は何をやっているのだろう…(汗)」ってなるエピソードを紹介します。

更新日: 2017年05月03日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
111 お気に入り 356084 view
お気に入り追加

◆エピソード『洗顔』

急いで顔を洗ってただけなんだ。叫んだ。「ギャッ」と短く悲鳴を上げた。軽く裂傷を負い僅かな血が滲んだ。激しく、とても激しく、小指を鼻の穴に突っ込んだから。コントでもベタ過ぎてやらないよね。息子よ。大人の身の上にもこんなことが起きるんだよ。父さん、もうすぐ48歳だよ。

◆エピソード『飲食店にて』

店員さんを呼ぶのが苦手。低音だから静かに呼んでもまず気付いて貰えぬ。強めに声を出すとドスがきいて周りのお客さんが引く。だからいつも静かに手を挙げ続けるのだが、殆どの店員さんは気付いてくれぬ。熱心な生徒みたいになってるよ…証券取引の人みたいになってるよ…選手宣誓みたいになってるよ…

◆エピソード『ベッドで寝てる知らない人』

知らない人がおれのベッドで寝てる、完全にやべえと思って近づいてよく見たら今朝コーディネート丸々不採用にした服一式だった

◆エピソード『妄想』

よくある「も〜今エッチなこと考えてたでしょ!」ってやつを男子高校生に言う妄想してたんですけど、自分の「エッチ」の発音がキモすぎて普通に吐きました。

◆エピソード『彼女がいるというアピール』

隣の住人がいつも女連れ込んでいたので悔しかった。 嘘だけど俺にも彼女がいるというアピールをするため、セクシーな女物の下着を買って干していたら、「女装癖のオッサン」と近所で噂されていて泣いたよね

◆エピソード『電車にて』

電車で座っていたら、若い女性が乗り込んできた。自分の隣の席と、向かい側の空いてる席、どっちに座ろうか迷っている。気のせいだと思うが、その女性、わたくしの顔を一瞬確認してから向かい側の席を選択。その後、駅のトイレで鏡見たら、夕方食べたワカメサラダのカスがほっぺについてた。くそっ。

◆エピソード『駅にて』

本日も疲れているので駅の階段を降りていたら帽子を落としてしまい後続のおねーさん等に次々と踏まれていたので取りたくても取れない餅つきでいう下の人の動きを約30秒程繰り返すなどしました。

◆エピソード『待合室にて』

待合室で、隣のお母さんはスマホを見てて、赤ちゃんがボーロ食べながら私の顔をのぞきこんできたので 顔面の筋肉がコロッケな私はこっそり頭皮だけを動かしたら、赤ちゃんが驚いて持ってたボーロ全部こぼしてお母さんに激怒されてごめんなさい赤ちゃん悪くないの全部コロッケが悪いの、あと野口五郎。

◆エピソード『あっ…(汗)ってなった話』 【2選】

プリキュアの映画を観に来た僕「プリキュアの映画、大人一枚で」 受付のお姉さん「かしこまりました、席はどちらで?」 僕「アッ、ここ…」 お姉さん「承りました。お客様は一般の方でよろしかったでしょうか?」 僕「アッイェ、オタクです」 お姉さん「そういうことではないです」 僕「アッ…」

女性研究者「今後のご予定はどうなっていますか?」

【学会発表】 俺「…以上で発表を終わります。ご質問やコメントはありますか?」 女性研究者「今後の(研究の)ご予定はどうなっていますか?」 俺「…今夜は7時からなら空いてます」 女性研究者「…あっ、ハイ」

◆エピソード『自分の状況に疑念が生じた女子たち』 【2選】

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。