1. まとめトップ

誰でも描ける!4コマ漫画の描き方講座

ブログやSNS、会誌・同人誌・学校の授業などに使える4コマの描き方をまとめました。

更新日: 2017年05月05日

21 お気に入り 103116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amidamaさん

会誌・同人誌で4コマを描たり、
ブログやTwitterなど、4コマを描いている人も多いですね!

最近では国語の授業に「4コマを描く」という学校もあるようです。


「4コマを描きたいけど、どう描いていいかわからない」という方に向けて、4コマの描き方をまとめました。

もくじ

■ストーリーの考え方
■ネタのNG
■アングル
■吹き出し
■描き文字

■参考にしたサイト・記事
■関連まとめ

ストーリーを考える

まず4コマのストーリー(ネタ)を考えます。
基本の「起承転結」とそれ以外の「変則オチ」があります。

出典ameblo.jp

【起】
物語の始まり。
「どこで」「何が」「どうしている」などの状況説明を読者にするコマ。

【承】
起の続き。

【転】
状況が急転するコマ。

【結】
転を受けてオチが付くコマ。
起と対になると、4コマ全体がまとまる。

起承転結を覚えると、あとは応用でネタが出せるようになります。

1 話題・状況説明
2 1コマ目の続き・1コマ目の反論
3 急展開(状況が変わる)
4 状況が変わったことに対応(オチ)

4コマ漫画は、オチが4コマ目じゃなくても問題ありません。
・出オチ
・シュールオチ
・連発オチ
・トマルオチ
…などなど、自分が得意なオチをつけてみましょう。

4コマ漫画のネタのタブー

4コマ漫画は、「4コマ」しかない漫画です。
普通の漫画では問題ないことでも、4コマだと「描きにくい」ことがたくさんあります。

4コマしかないのに、主役級のキャラが10人以上も出てくるのは難しいです。
1つの4コマに1~5人くらいが無難でしょう。

4コマでオチをつけなければいけないので、壮大なストーリーは難しいです。
ただし、「設定が複雑なのにオチが雑」というオチにももっていけるのでケースバイケースです。

4コマ漫画は1つのコマが小さいです。
絵よりも文字が多すぎると読みづらくなります。

・夢オチ
なんでも「夢だった」で終わらせる

・死にオチ
なんでも「死んだから」で終わらせる

・爆投オチ
「わかる人にだけわかればいい」という独りよがりのオチ。

絶対にやってはいけないわけではありませんが、初心者が手を出すと失敗するオチです。

アングルを考えよう

ストーリーを考えたら、漫画の構図(アングル)を考えます。
キャラクターが立つ魅力的なコマ割りを考えましょう。

感情を表現ために、アングルを変えましょう。
一般的には
引き(ロング)のアングルは客観的な表現に、
アップのアングルは主観的な表現になります。

俯瞰(ふかん)や煽り(あおり)を使います。
・俯瞰
上から見下ろした構図

・煽り
下から見上げた構図

4コマだと横からのアングルが多く画一的な絵になりがちなので、俯瞰や煽りを入れると雰囲気が変わります。

4コマすべて同じような人物の大きさを描くと、画面が単調になってしまします。
20%の拡縮をして、アップとロングを使い分けましょう。

イマジナリーラインとは、カメラが超えてはならない線のことです。
人物が2人並んだ場合、2人を直線でつないだ線がイマジナリーラインとなります。

カメラを人物Aの右側に置いた場合、イマジナリーラインを越えてカメラを置かないということです。

イマジナリーラインを意識しないとやってしまいがちなミス。
立ち位置が逆転して描いてしまうことがあります。

些細な事かもしれませんが、読者に違和感を与えてしまうポイントです。

漫画をスムーズに読むためには「視線誘導」を考えましょう。
台詞、顔、アイテムの配置を考えて描きましょう。

吹き出し

ストーリーとアングルがきまったら、吹き出しをかきましょう。

縦書きの文字の場合、右から左へ、上から下へ読みます。
横書きの場合は、左から右へ、上から下へ読みます。

文字が多すぎる場合、一つの吹き出しだと読みづらくなります。
長文はなるべく吹き出しを複数作るようにしましょう。

吹き出しと一言で言っても、
・普通の会話
・叫び声
・ひそひそ声
・インパクトのある台詞
…などがあります。

状況によって使い分けましょう。

描き文字

最後に描き文字で装飾します。
描き文字があると迫力が増します。

効果音はコマからはみ出すように描くと迫力が出ます。

1 2