1. まとめトップ

中井大介選手?! 今季こそレギュラーの座を守ってほしい?!

2017年こそは来たチャンスをしっかり掴み取って離さないようにしてもらいたいと思います。

更新日: 2017年05月04日

1 お気に入り 342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

n.misterさん

中井、3の3で開幕1軍猛アピール!前日から9打席8出塁    3月20日

中井大介内野手が20日、ヤクルトとのオープン戦で3打数3安打を放ち、開幕1軍を猛アピールした。
 中井は、ヤクルトの先発・ブキャナンから2回に中安打、5回も中安打。6回には2番手の土肥から左安打を放った。9回は、5番手のルーキから四球を選び全打席で出塁した。

http://www.hochi.co.jp/giants/20170320-OHT1T50132.html

以後,開幕1軍選手として,5月に入ってもレギュラーとして,猛打賞こそ1回もないけれど,活躍できる場を与えてもらっている。

山崎氏、敗れた巨人に「初歩的なミスで勝てなかった」 4月30日

セットアッパーのマシソンにスイッチ。マシソンは武内晋一にライト前に運ばれ一、三塁。ここを抑えたいマシソンは、坂口智隆を二塁・中井大介の前に打たせるも、中井が一塁走者・武内にタッチも空振り。慌てて一塁へ送球するもセーフ。その間に三塁走者の生還を許した。これが決勝点となり、巨人は敗れた。
「ジャイアンツの首脳陣が考えなければいけないところだった。初歩的なミスでジャイアンツは勝ちを取れなかった気がします」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00114709-baseballk-base

守備で迷惑をかけていることも多々ありますが,それなりにチームに貢献できていると思う。昨日だって,菅野の3連続完封に貢献できたと思う守備機会があった。がんばっているのです。

中井、4年ぶりアーチに「うまく体が反応しました」 4月7日

巨人の中井大介内野手(27)が、1343日ぶりのアーチを放った。7日の阪神戦(甲子園)の2回1死、岩貞の141キロ直球を捉え、左翼席に運んだ。1軍での一発は2013年8月3日の阪神戦(東京D)以来。
 開幕から1番に座る背番号61は「追い込まれていたのでコンパクトにスイングすることを心がけていました。インコース寄りのボールにうまく体が反応しました」と振り返った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000199-sph-base

中井2号2ラン「うまく引っかかってくれた」 4月11日

巨人中井大介内野手(27)が2号2ランを放ったものの空砲となった。
 1-0の5回2死二塁、広島野村の真ん中に入ってきた変化球を左翼席前列に運んだ。「初球(のカーブ)と同じような軌道のボールにしっかり対応できました。(バットに)うまく引っかかってくれました」とコメントした。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1806172.html

中井、第3号先制ソロホームラン 4月26日

ホームランもすでに3本打っています。

去年までの中井は・・・。
『チャンスが巡ってくると→怪我という悪循環』でした。

2010年は開幕1軍を勝ち取り、その後2軍へ降格した際に右足靱帯を損傷して再昇格を逃し、シーズン終了後には右足甲の手術を受けて翌2011年は出遅れることとなってしまいました。


http://puroyakyuplayers.com/kyojin-nakai-daisuke

さらに2013年は打撃が好調で、夏には二塁手として定着しましたが試合中に左膝靱帯を損傷します。

ポストシーズンには復帰するものの、翌2014年にはこの怪我とキャンプ中に痛めた右肘の影響で出遅れてしまいます。

http://puroyakyuplayers.com/kyojin-nakai-daisuke

『寝坊で即2軍降格…』ということもありました。

2013年シーズン途中から1番に定着しかけた6月中旬、全体練習に寝坊で遅刻してしまい、川相昌弘ヘッドコーチから即時2軍降格を言い渡され、さらに数試合の謹慎処分も科されることになりました。
しかし、この寝坊で中井選手の中にあった甘さが消え、再昇格後は8月初頭に怪我をするまで、1ヶ月余りと短い期間ではありましたが、完全に覚醒したと思われる活躍を見せてくれました。
http://puroyakyuplayers.com/kyojin-nakai-daisuke

巨人・中井、練習に遅刻して即刻2軍降格 2013/6/12 13:31

巨人・中井大介内野手(23)が11日、G球場での全体練習に1時間超の遅刻を犯し、ファーム降格を命じられた。巨人史上では異例の“判決”となり、川相ヘッドコーチは「他の選手に示しがつかない。練習に遅れることは許されることではない」とおかんむり。1番に定着しつつあった若武者を厳しく突き放した。

http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53962457.html

2017年こそは来たチャンスをしっかり掴み取って離さないようにしてもらいたいと思います。

1