1. まとめトップ

格安ネットワークカメラ、スマカメを屋外の監視にモバイルバッテリー駆動で使う方法

防犯カメラを屋外に取り付けたいが、電源を確保出来ないという状況に陥った為数ヶ月試行錯誤する羽目に陥りました。その際購入した商品や購入を検討した商品を色々まとめてみました。

更新日: 2017年05月10日

catmegane13さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 717 view
お気に入り追加

格安・簡単ネットワークカメラを使って、スマホでチェックできる簡単監視カメラを作ってみました。電源がないところに隠しカメラをつけたい、お金をかけずに監視カメラシステムを構築したい人向けの方法ですが、トレイルカメラを使うという手もあります。

トレイルカメラ

本来は防犯というより野生動物の観察に利用されるカメラで、防水機能、夜間撮影機能、動体感知機能等が備わっています。
これを防犯カメラに利用する訳です。
Amazonにはこれで不審者の撮影に成功したよというレビューも何件か載っています。

価格 1万5千円~3万程度 +ケースや盗難防止のためのワイヤー等
利点 屋外動物撮影用のため水や暗闇には強い、また乾電池8本で数ヶ月は起動させることができる。
欠点 記録メディアは本体から取り外してPC等に取り付けないと見ることができない。
   あくまでも当方の場合ですが3ヶ月で壊れた。

スマカメ

電源に繋いで、ペットの監視用などに室内で使うのが基本ですが、モバイルバッテリー
でも動くため盗難対策さえきちんと出来れば屋外の監視用に使えます。
防水機能は最高級機種にしかついていませんが、雨の当たらない軒下に
設置出来れば故障することなく利用出来ると思います。

1