1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

15歳の久保建英がトップチームデビュー…華麗なプレーに期待の声!

FC東京ユースFW久保建英(15)が、北海道コンサドーレ札幌戦の後半21分に途中出場し、トップチームデビューを果たした。

更新日: 2017年05月04日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 32743 view
お気に入り追加

○久保建英がトップチームデビューを果たした

FC東京ユースFW久保建英(15)が、北海道コンサドーレ札幌戦の後半21分に途中出場し、トップチームデビューを果たした。

YBCルヴァンカップ・グループステージ第4節の北海道コンサドーレ札幌戦に出場してトップチームでの公式戦デビューを飾った。

F東京U―18に所属するU―20日本代表FW久保建英(15)が、トップチームの公式戦デビューを果たした。

○15歳10か月29日の歴代2位の年少記録

J1カップ戦では04年に15歳10か月20日で出場した東京V・FW森本貴幸(現川崎)に次ぐ、15歳10か月29日の歴代2位の年少記録となった。

MF永井謙佑に代わっての途中出場だった。15歳10カ月29日でトップチームデビュー。

○スタジアムに詰めかけたファン・サポーターからは大きな拍手と歓声

同23分にはドリブルで中央に仕掛け、ウタカにパスを出した後、札幌のペナルティーエリア内に抜け出したが、足を滑らせて転んだ。

ボールを持つたびに、スタジアムに詰めかけたファン・サポーターからは大きな拍手と歓声が起こった。

○FKでスタンドを沸かせる場面も

左、右と足を順番にストレッチした後、左足で思い切り蹴った。枠は外したが、スタンドは沸いた。

○久保建英のコメントは…

久保は「あと一歩だった分、本当に悔しいです。今日の試合は決めなきゃいけない試合だったなと思っていて、ちょっと今日は出し切れなかったです」と不満げな表情を浮かべた。

「まだ1試合しかやっていないので、あまり分からないですけど…ちょっと今日は出し切れなかったので、分からないです」と、試合後の現状を冷静に見詰めた。

今後については「サッカーをやっている以上、どんどん上を目指していきたいと思っていますし、出来るだけ早くこのレベルの選手になって、もっと上に行ければと思います」と抱負を語った。

○小野伸二からも称賛された

同41分には惜しいFKを放つなど上々のプレーを披露し、札幌の元日本代表MF小野伸二(37)からも称賛された。

そして、負傷に悩まされた自身の経験を踏まえ、これから成功するためには「ケガをしないこと」が大事であるとアドバイスした。

小野は「とにかくケガをせずに、大会でもいい結果が出るように頑張ってほしい」とエールを送った。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。