1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter民の『感情が揺さぶられた話』がスルーできない…

人間を様々な感情に至らしめた"特異"なエピソードを紹介します。。

更新日: 2017年05月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 290518 view
お気に入り追加

◆エピソード『最高かよ…』

60歳ぐらいの夫婦が桜の下で真顔で写真を撮り合っている。 夫「少しは笑いなさいよ」 妻「むり」 とか言っている。最高か。

目の前に、めっちゃイケメン、めっちゃフツメン、めっちゃ美人の高校生3人組が座ってる。。

電車で前にめっちゃイケメン、めっちゃフツメン、めっちゃ美人の高校生3人組が座ってて、みんなで同じ大学行こうねとか眩しい笑顔で会話してて、なんだよこの完全無欠な青春は。

◆エピソード『ほっこり…』

昨日、友人と「唐揚げは片栗粉だよ」とか「唐揚げは片栗粉じゃない」とか議論してて、唐揚げって何なんだって話になった。唐揚げの定義が気になったから日本唐揚げ教会の「唐揚げとは」を読んだら、唐揚げは食べると幸せになる食べ物ですって書いてあって、ほっこりしたからどうでも良くなった

さっき間違え電話した時に「間違えました。」と伝えるとお婆ちゃんの声で「次はしっかりね!」って励まされてホッコリしました。

女児を連れたお母さんに席を譲ったら。。

先ほど帰りの電車で3歳くらいの女児を連れたお母さんに席を譲ったら、女児が「席あいたね」と言って、お母さんが慌てて「違うでしょ、あけてもらったの。ほらこういう時は何て言うの? ありがとうでしょ」と言って、女児から上目遣いで「…あいがとう」と言われるという、えらいご褒美をいただいた。

◆エピソード『希望が…』

「もう二度とときめく恋なんかしないんだろうな」と寂しく思ってたんだけど、今朝の人生相談に「60代半ばの女性。10歳年下の彼が最近ホテルに誘ってくれません。会えばキスはしてくれるのですが心が離れてしまったのではないかと不安です」って投稿があってめちゃくちゃ希望がわいた。

◆エピソード『泣けた…』

初デートで『安かったから』と両方左側のサンダルを履いてきた馬鹿女がいて、歩き方も変だしイライラしたから靴屋で新しいサンダルを買ってやって12年ぐらい。さっきその女のTwitterを見たらボロボロになった12年もののサンダルが写り込んでいて、ちょっと泣きそうになった。

「あなたなんかに・・・あなたなんかに、保育園の同じクラスのお母さんたちがいつの間にかすごく仲良くなってて、懇談会で、えっ・・・!?って立ち尽くす私の気持ちが分かるの・・・!」って涙声で夫の胸を拳で叩いたところ、夫は黙って頭をなでてくれました。 中学生の話でなくて、41歳の私の話。

教授「生きているうちに木星に生物がいるか確かめたい。。」

最近一番泣けたのは「生きているうちに木星に生物がいるか確かめたい。木星に行くには片道27年かかる。行ったらもう帰って来られないので、若い方に僕があちらから送るデータを解析して欲しい。皆さんどうかお願いです。勉強して僕の研究室に入ってください」って息子の学校で講演した大学教授の話。

◆エピソード『わかるよ…』

京都で会った哲学青年から、「本当はぜったい駄目なのわかってるのに、それでも女の子に『わー哲学とか興味あるー』とか言われると、つい『今回は本当なのかも』と期待して、それでマジ話をはじめてしまい、やっぱり予想どおりに失敗する」という話を聞いて、「わかる…わかるぞ…」と思ってしまった。

「Hした〜い!」とか言ってる癖に、キモい男からナンパDM来たらキレて晒す女はなんなの?って意見あるけど、ボクも転職サイトに「転職した〜い!」って登録した際、「特別なオファーです!」って超ブラック企業からメール山ほど来て、「ふざけんな」って思ったから、気持ちわかるわ。

◆エピソード『同情…』

宅配便作業中、クロネコヤマトのドライバーさんの端末が \ニャーン ニャーン/ と鳴ったので「なにを知らせてるんですか?」と訊いたら、暗い顔をして「クレームですね」と返ってきたので、「かわいいのにつらいんですね…」と一気に厳しくなりました。

◆エピソード『緊張…』

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。