1. まとめトップ

【楽?】治験アルバイトって本当の所どうなの!?【人体実験?】

治験アルバイトって聞いた事がありますか?まだ販売されてない薬の効果を人間で試すもの・・・と言えば聞こえは悪いですが、その前に色んな動物などで臨床実験しているのでそんなに危ない事もない。けど、薬によっては骨を折る、入院必須な事もあり拘束時間が長いのがネック。でも何もしなくて給料が出るって魅力ですよね!

更新日: 2017年05月04日

wake_vpvpzさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 5941 view
お気に入り追加

医薬品の臨床試験

まあ、病院で出す前の人体実験といえばそれまでですが、耳で噂を聞くよりかは断然安心なものです。
しかし表立ってあまり募集をかけてないので、【死体洗い】のようなイメージが付きまといますが、かなりホワイトなバイトだと思います。

治験バイトのことも体験談もたくさん出ているし、ネット上から直接申し込むことだってできるわけだ。しっかりと内容を理解すれば、いかに安全かということが良く分かる。もちろん100%安全ということはないかもしれないが、それはどんなバイトだって同じだ。

バイトはバイト。それ以上でもそれ以下でもない。
しかも誰かの役に立てるバイトです。

治験というのは、動物等で検査済みの新薬、ジェネリック医薬品を最終段階として人間に投与して、その経過を検査するというものです。

アルバイトというよりはボランティアです。

治験は、とても繊細で厳格な現場だと言えます。
自発的にボランティアとして参加する気持ちが最も必要とされています。
治験に参加することで、収入を得ることはできません。
多少の謝礼金などは支払われますが、基本的には奉仕の精神が必要となるのです。

しかし実際には結構もらえます・・・が身を差し出した代償でしょう。
基本的にはボランティアです!

ほとんどがジェネリック

一般的に出されている新薬は開発費が大きい!
しかしジェネリックは同じような薬を作ってるだけ。だからこそ安くあげられて、色んな所が作っています。
だからこそ治験も沢山必要なんでしょうね。

ただ、ほとんどの治験内容は(登録する組合などによっても異なるかもしれませんが)ジェネリック医薬品の開発にあたっての治験が多いんです。

ジェネリックなら安心ですね!

新薬の開発には10~15年ほどの歳月と数百億円以上の費用がかかります。 ジェネリック医薬品は、すでに安全性・有効性が確認された有効成分を使用しているため、約3年という短い期間での開発が可能です。 そのため、新薬に比べて少ない費用で開発することができます。また、新薬は医療関係者にそのお薬の使用方法や安全性情報の伝達または収集に莫大な費用を必要としますが、ジェネリック医薬品ではそうした情報提供費用も最小限にできるため、価格を抑えることができます。

後発のお薬なので、すでに誰かが同じような薬を飲んでるのも魅力です。

どんな事するの?

これに受からなきゃ始まりません。
もちろん薬を飲んで、経過を見るバイトなので健康でなければ受かりません。
中には健康診断代わりにしているような人も・・・。

・大きな手術をした事がない人
・喘息持ちでない人
・アレルギーのない人
・大きなタトゥーを入れてない人
・先天的異常のない人
・歯が健康である人
・ヘルニアや偏頭痛を持っていない人
・難聴でない人
・薬を処方していない人
・口元にピアスをつけていない人
・関東、九州に住んでいる人

ハードルが高いような低いような・・・
なぜ関東と九州はダメなのでしょうか??

通院と入院の二種類

目安は一日一万円☆
薬を飲んだり注射をしたりして、経過を診断したり・・・。
まあ早急に体調が悪くなる場合はありませんが、男性の場合だと勝手に出さないでください。とかいうのもあるそうです。薬の副作用で元気になる場合もあるんですかね?
実質的な拘束時間はかなり短いみたいなので、時間も有意義に使う事ができます。

治験の内容などによっても異なるが、だいたい日帰り(通院)で1日1万円程度、入院の場合1日で1万円~2万円前後というのが一般的だ。

ひと月位入院できたら凄い貰えますね!

治験は検査や通院でスケジュールの調整が必要になる上、体を使わせてもらうわけですから、かなり高額な謝礼が支払われます。
副作用によって体調不良が起きてしまった場合でも、きちんと適切な処置を施してくれるので心配ありません。

入院の方が安心ですかね!?

入院中の暮らしぶりは?

ただしあまり干渉はしない。
なので一人の世界をどこででも作れる人はおススメです!
私なら漫画、小説、パソコン、kindleを持ち込んで永遠にゴロゴロしていたい・・・。
ま、すぐに飽きると思いますが(笑)

入院中の基本的な流れはベッドの上で多くを過ごし、朝昼晩と薬を飲み、2時間置きに採血をされるというものでした。
もちろん相部屋なので一応コミュニケーションはとるのですが皆さんやはり報酬だけが目的といった感じでコミュニケーションは希薄でした。
ただ、WiFi完備で漫画も置いてあり、pcやゲームも持ち込み可だったので、元々出不精な私には割と天職だなぁと思うところもありました。

たまにならいいですよね♪

●治験バイトの暮らし
3食の食事、薬を飲む、採血する時間が細かく決まっている
それ以外の時間はフリー
漫画、ゲームが完備しているので漫画喫茶のようだが、軟禁状態が続く
食事はおかわりも出来ない代わりに残す事も出来ない
ストレスが溜まるので週1で看護師に連れられ、水族館や映画館に気晴らしに行くことも

軟禁・・・というと聞こえが悪いですね(笑)

金額は本当にさまざま!

・3泊4日入院・・・10万円
・8泊9日入院・・・40万円
・通院1~7回・・・1万円
・通院1~5回・・・8,000円

あくまでも例です!

薬ではない場合も!

高血圧の方向けのカップ麺のテスターに参加しました。塩を使わずに作られた、カップ麺の食感テスト。
高血圧治療薬。湿布薬の治験と内容は様々。

シップ・・・いいですね!

向いてる人

例えば入院が必要な治験の場合、ずっとベッドにいないといけないという事はありませんが、こもっていられる人がおすすめです。
資格の勉強をしたい人、ゲームを気が済むまでやりたい人、本を読みたい人なんかはお勧めだと思います。
結構なんでも持ち込めるようなので、事前に聞いてみましょう。

漫画を読んだり、ゲームをしたり、ゴロゴロしたり…
基本的に検査時間以外はほとんど自由に過ごしていいです。
ただ、治験の内容によっては激しい運動はダメ!過度の昼寝はダメ!
ということもあるので注意しましょう。

インドアの人が向いていると思います。
しかし昼寝・・・してしまいそうですが!

1 2





wake_vpvpzさん

ポジティブに!

このまとめに参加する