1. まとめトップ

汗の臭いを抑えるにはハンカチに〇〇するだけ!拭くだけじゃダメな理由

暑い季節、ハンカチで汗を拭う方をよく見かけますよね。体臭対策として汗を拭き取るのは良いことですが、その拭き取り方は逆効果かも?通勤、フェス、汗、臭い対策は万全ですか?

更新日: 2017年08月07日

5 お気に入り 15042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mato_wakameさん

夏場、ハンカチやタオル持ち歩いてますか?

『汗臭さを抑える為にも汗を拭くのは良いことですが、拭き取り方で逆効果にも』

汗は、最初から臭うわけではありません。 時間が経って、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、体臭が徐々に発生します。

臭いが出る前に拭き取ってしまいましょう

汗をかいてから臭いが出る1〜2時間の間に拭き取ることが大事→でもちょっと待って!

そもそも汗は体温調整の為に出ていますよね?

『そう!!間違った知識では、拭けば拭くほど汗が出る・・・負のスパイラルに陥りますよ!!』

汗がでるたびに拭きとってしまっては皮膚の上で蒸発することがないので体温を下げることができない。
すると、体は体温を下げたいので汗をかき続けないといけないという状況になってしまいます。

乾いたタオルを使うと、肌表面の汗をすべて拭きとってしまうことになり、乾いた肌をふたたびうるおそうと、余計に汗が出てきます。拭けば拭くほど汗が出てしまうという、負のサイクルに陥ってしまうのです。

拭けば拭くほど汗がでる・・・これ結構目にしますよね。
だらだらと汗が止まらない方、今一度ハンカチの使いからを変えてみては?

『結論』ハンカチ・タオルは一度濡らし、湿らせてから使う

汗を拭き取る際は、タオルをいちど濡らし、固く絞ってから使用しましょう。適度に水分が残り、肌の汗がすべてなくなってしまう状態を避けることができます。

朗報:汗と一緒に雑菌も拭き取ることができる

匂いの原因となるのは汗として分泌し皮膚に付着している雑菌なのですが濡れたタオルやハンカチでそれも一緒に拭く事ができます。

なにより『気持ち良い!!』

防水 タオルポーチを使う方も

ジップロック的なものに収納する方や、防水ポーチに入れる。お風呂で使用するスマホケースを使う人もいるようです。

もっと気軽に出来る簡単テク

私はびしよびしょになったハンカチは カバンの持ち手にしばっています。
かばんに合う色なら おしゃれですよ~
あと、ジーンズのベルト通しにくくっておくとか。

濡れたタオルは収納できるのがベストですが、皆さん工夫しているようです。

1