1. まとめトップ

DeNAドラ2水野  「経験を積めば」監督期待?!

DeNAの水野、悔しいデビュー

更新日: 2017年05月05日

1 お気に入り 72 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

n.misterさん

DeNAドラ2水野、5回途中を5安打3失点デビュー 逆転許し初勝利ならず

DeNAのドラフト2位ルーキー、水野滉也投手が3日の巨人戦(東京ドーム)でプロ初先発し、1軍デビュー。4回2/3を投げ、5安打3四死球3失点だった。
カット気味に動くストレート、鋭いスライダー、シンカー系の落ちる球を武器に、1回は立岡、橋本到を打ち取ると、3番・坂本に対してカウント1-2から内角のボールゾーンから曲がるスライダーで、腰を引かせる見逃し三振に仕留め、最高の立ち上がりを見せた。

http://jp.news.gree.net/news/entry/2499068

DeNAドラ2水野 黒星デビュー「冷静になることが…」

DeNAのドラフト2位右腕・水野がプロ初登板初先発も、4回2/3を5安打3失点で初黒星を喫した。
東海大北海道時代に右肩と肘を痛めた影響で春季キャンプは支配下の社会人・大卒新人でただ一人の2軍スタート。それでも、イースタン・リーグで3試合に登板、1勝0敗、防御率0.64の成績を残してつかんだ1軍の舞台だったが、結果を残すことができなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000030-spnannex-base

DeNA水野は2軍落ち「経験を積めば」監督期待

試合後には2軍落ちを伝えられ、ほろ苦いデビュー戦になった。アレックス・ラミレス監督(42)は「ポテンシャルは非常にいい。2軍で経験を積めば、1軍でも活躍する選手になれる」と、期待した。水野も「1軍に出られていい経験をさせてもらった。戻ってこられるようにしたい」と、再起を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-01817689-nksports-base

巨人・小林に逆転打を浴びた裏側 敗れたDeNAの考え-

できることなら小林を歩かせたくなかったDeNAサイド。9番打者が何らかの形で上位につなげると、「そこからは左打者(立岡、橋本到)が続くので、さらに悪い結果になると思った。だから2ボールになるまでは勝負でした」とラミレス監督は説明した。
 結果はカウント1-1から打ち取った当たりだったが、中前に落ちる逆転2点打となった。水野は小林の次打者、大竹寛を三振に斬った。
「満塁になったらルーキーの水野はナーバスになり、悪い結果になるのでは、と思った」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000573-sanspo-base

DeNAの水野、悔しいデビュー=プロ野球

DeNAの新人水野は、悔しい初登板となった。試合後に2軍落ちが決定。それでも坂本勇、阿部から見逃し三振を奪うなど、実力の片りんも見せた。ラミレス監督も「ポテンシャルはいいものがある」と今後に期待した。

1