1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『わろてんか』で朝ドラ3度目!“NHK御用達”女優「徳永えり」に注目

2017年後期の朝ドラ「わろてんか」。主演の葵わかなや松坂桃李・高橋一生ら豪華キャストも話題だが、朝ドラが3度目となる「徳永えり」も出演。“NHK御用達”女優といわれる徳永。「あまちゃん」では夏ばっぱ(宮本信子)の若き日を演じた。今回はヒロイン付の女中役だけに、出演シーンも多いと予想される。

更新日: 2017年07月07日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 45385 view
お気に入り追加

◆2017年後期の朝ドラ『わろてんか』

明治の後半から第2次世界大戦直後にかけての大阪を舞台に、小さな寄席の経営をスタートさせたヒロインが、夫婦二人三脚で“笑い”をビジネスにしていく物語。

脚本は、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ)『美女か野獣』(フジテレビ)、映画『僕等がいた』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』『ホットロード』の吉田智子氏が担当。

◆朝ドラ夫役が2度目の松坂桃李など豪華キャストが話題に

今秋放送開始の連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン役が女優の葵わかなさん(18)に決まった。

今回、ヒロインの夫役を務めるのは、『梅ちゃん先生』(2012年)以来、2度目の朝ドラ出演となる松坂桃李が演じることが発表された。

てんの従兄・武井風太に朝ドラ初出演となる濱田岳、青年実業家の伊能栞役に高橋一生が決定。そのほか、てんの家族を遠藤憲一、鈴木保奈美、竹下景子、千葉雄大、堀田真由、徳永えりが演じる。

◆そんな中、「徳永えり」は朝ドラ3度目

藤岡家の女中として、てんを支えるトキを演じる徳永さんは、朝ドラへの出演は3度目。

徳永えり(とくなが えり):てん付きの女中 トキ
「藤岡屋」の従業員。てんの身の回りを世話する付き女中である。

てんにとっては姉のような存在で、とくに恋愛に関してはいろいろと意見をくれる大切な相談相手なのだが、じつはトキ自身は恋などしたことがなく、すべては恋愛小説に書いてあることの受け売り。風太のことを憎からず思っているが、恋は成就するか。

風太 役:濱田岳

◆社会現象となった『あまちゃん』では若き日の夏ばっぱを演じた

「ディレクターさんがシナリオを読んで、私の顔が浮かんできたと言ってくださって。ディレクターさんが『そのままやってください』と。不安はありましたが、かわいらしいキュートな夏さんになるように演じました」

徳永えりのコメント

彼女は「街中で以前出演したドラマの役名で呼んでくださる方がいまでもいるんです」とコメント。改めてNHK連続テレビ小説の影響力の大きさに感心していた。

徳永えりのコメント

◆モデルから女優へ 映画『フラガール』でブレイク

2002年からローティーンファッション誌『ピチレモン』専属モデルを務める。モデル活動のほか、ドラマ・CM・映画でも活躍。

2006年の映画「フラガール」で、蒼井優演じるヒロインの親友役でブレーク。その後は映画、ドラマに相次ぎ出演してきた。

「春との旅」(10)で仲代達矢の孫役を演じ、毎日映画コンクールとスポニチグランプリで新人賞を受賞する。その他、「うた魂♪」「アキレスと亀」「ホームレス中学生」(すべて08)、「荒川アンダーザブリッジ」(12)などに出演している。

◆「NHK御用達」と呼ばれるほどNHKに起用される名脇役

前RT>徳永えりちゃんは昭和ドラマの名バイプレイヤーだな!梅ちゃん先生もあまちゃんもステキだったけど、一番好きなの「世界はひばりを待っている」のあやのさん役。和田正人と並んで東京キッド聴いてるシーンとてもよかった。 pic.twitter.com/VV35bbicpz

『世界はひばりを待っている』(2015)…これもNHK

ドラマ「梅ちゃん先生~結婚できない男と女スペシャル~」の完成試写会が25日、東京都内で行われ、出演者の堀北真希、徳永えり、満島真之介が登場した。

『梅ちゃん先生』(2012)…徳永はヒロイン(堀北真希)の友人役

徳永えりさん主演!大分発プレミアムドラマ「今日も地獄でお待ちしています」制作!

『今日も地獄でお待ちしています』(2013)

1 2





記憶の中で生きてゆける