1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高山善廣が救急搬送‥プロレス界での相次ぐ事故に心配の声広がる

プロレスラー・高山善廣さんが4日のDDT豊中大会で救急搬送され、「頸髄損傷および変形性頸椎症」と診断されたと発表ていたことが5日、報じられました。

更新日: 2017年05月05日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 63364 view
お気に入り追加

●人気プロレスラー・高山善廣さん

プロフィール1992年、UWFインターでデビュー。キングダムを経て、1999年に全日本プロレスに移籍し、大森隆男と「ノーフィアー」を結成。

2008年8月、三沢光張のノアの旗揚げに参加。2001年よりフリーとなる。2002年9月にはノアの第4代GHCヘビー級王座に君臨

2003年、NWFヘビー級王座に就く。同年5月の東京ドーム大会で、王者の永田裕志を破り、第32代IWGP王者に輝き、同年プロレス大賞でMVPを獲得

・2004年に佐々木健介戦後、脳梗塞で倒れるも復帰を果たす

新日本プロレスのG1クライマックス公式戦で佐々木健介(ささき・けんすけ)と対戦したあと、「なにがなんだかわからなくなって」、ドレッシングルームで倒れた(2004年8月8日=大阪・大阪府立体育会館)。

試合後、体育館から大阪市内の病院に緊急搬送され、その夜のうちに手術を受けた。

2006年7月16日ノア武道館大会にて2年ぶりにマットに復帰

サラリーマン経験のある異色のレスラー高山は「心」「技」「体」「知」を備えた男として活躍の場を広げている。

●そのDDT参戦中の高山選手が試合後に救急搬送

プロレスラーの高山善廣(50)が4日のDDT豊中大会で救急搬送されていたことが5日、分かった。

・救急搬送に至った経緯

高山は4日の豊中大会で6人タッグマッチに出場。回転エビ固めを行ったときに頭から落ち、

・頸髄損傷および変形性頸椎症と診断されたという

プロレス団体のDDTは5日、参戦中の高山善廣(50)=高山堂=が頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と診断され、

病名等は現時点で考えられるもので、今後の検査等で変わることがあるという。

●ネットでは、心配の声が広がっている

高山さん…大丈夫かな。 本当に心配… 早期回復と、無事を心より願ってます。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。