1. まとめトップ

【図解】着物の描き方講座-それっぽく簡単に

着物(和服)をそれっぽく描ける方法をまとめました。

更新日: 2017年05月06日

44 お気に入り 86054 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amidamaさん

きれいな着物を描きたい!と思っても、いざ描いてみると違和感が…
ということはありませんか?

それらしくみえる着物の描き方をまとめました。

もくじ

■着物の基本
■袖
■裾
■帯

■女性の着物
■男性の着物
■その他

■関連まとめ

着物の基本

体の形に合わせる洋服とはちがい、着物は長方形です。
袖も長方形です。

男女とも襟は「右前」(正面からだと左が上)です。

洋服のように男女で襟の前合わせが変わることはありません。
また、左前にすると「死装束」になるため気をつけましょう。

袖の描き方

袖は長方形です。
肩幅が洋服より長く、袖付けの線が肩より下になります。

生地が長くて厚いため細かいしわはあまりできません。
基本的にしわがない方が着物っぽい袖になります。

色んなポーズをとっても、あまりしわはできません。

袖は長方形ですが、風で翻ったり、手で隠れたりする部分があるので、注意して描きましょう。

裾の描き方

裾は直線でも問題ありませんが、裾すぼまり(足元の方がすぼまっている)ときれいに見えます。

裾すぼまりしている場合、足元がクロスするように着ています。
気持ちクロスするように描くと着物っぽいイラストになります。

女性の着物の描き方

着物は寸胴が理想とされています。
胸がでたりおなかがへこんだりすると、なんちゃって感がでます。

市販の補整具や、タオルや日本手ぬぐいを使って補整しています。
胸の谷間や腰回りを補整して寸胴にしていることがわかります。

補整と中襦袢を着たら、着物を着付けます。

・着丈を決め(裾の長さを調節する)ます。
・腰ひもを付けます。
・おはしょり(余った部分)を全部下します。
・紐で固定します。
・上から帯を締めます。

女性の着物ははおはしょりがあります。
帯の太さとおはしょりのバランスを考えて描きましょう。

上記を踏まえて、くびれをなくして寸胴に描くと着物っぽいラインになります。

オーソドックスな太鼓締めの描き方です。

帯の締める高さや帯の幅などで、着る人の印象が変わってきます。

・身長の低い人は帯が細く
・帯の位置を高くすると若々しくなる

女性の着物は、衣紋を抜きます(襟をあけます)。
衣紋は、にぎりこぶし一つ分程度あけるのが基本です。

ちなみに、
やせている方やショートヘアの方は、やや詰め気味に。
ふくよかで体格の良い方や衣紋に髪がかかるような髪型の場合は、少しゆったり目に。
普段着物(きもの)は詰め気味に、よそゆきは抜き気味になります。

アタリをつけて襟を描きましょう。
こぶし一つ分の衣紋を抜いてください。

衣紋を抜くとうなじがみえます。
うなじがみえる襟は、
きっちり立てるとVの字に。
ゆったり立てるとUの字になります。

女性の着物は内股でしぐさがかわいくなるのがポイントです。
着物の構造上、あまりがさつな動きができないからです。

全体的に内向き、内股なポーズが似合うでしょう。

・しわ少な目に
・体は寸胴に
・なで肩
・衣紋を抜く
・内向きポーズに

男性の着物

男性の着物は、恰幅がいいのが理想です。

痩せている歌舞伎役者さんも普段着で着物を着ていますが、腰~お臍あたりにタオルを入れて恰幅を出しています。

女性の着物に比べ、帯は低めに、前はゆったり合わせています。

帯は腰で締めます。
上に描くと子供っぽくなるので注意。

襟は衣紋を抜かないので、
うなじにったりさせる分、胸元は女性よりゆったりしています。

男性の着付けはそこまで複雑ではありません。
(旅館の浴衣と同じです)
帯の位置がきちんとかけていれば、着物っぽく描けます。

帯は前は腹の下、横は腰骨、後ろはお尻の上で、斜めに占めるときれいです。

腹は(タオルなどを詰めてると仮定して)少しふっくらさせるとかっこいいです。

男性はアクティブなポーズも多いですね。

浴衣だとはだけてしまったりします。
袴はワイドパンツをイメージすると描きやすいかもしれません。

1 2