1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

甘酸っぱい青春ストーリー!下宿を舞台にした漫画まとめ

「青春時代にこんな下宿があったら住んでみたかった」と言う人は多いのではないでしょうか。(めぞん一刻、陽あたり良好! 、僕らはみんな河合荘、猫のお寺の知恩さん、スプラウト、ショートケーキケーキ、元祖大四畳半大物語)

更新日: 2017年05月26日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
53 お気に入り 28876 view
お気に入り追加

◎『めぞん一刻』 高橋留美子

うら若い未亡人の管理人と年下の下宿人、ふたりの淡い恋愛模様を中心に、個性的な人々が集う一刻館の賑やかな日常を描く。

1年に1回以上は読みたくなる。めぞん一刻最高。こんな下宿なら住んでみたい! pic.twitter.com/PxEG0Hes1q

最近良くめぞん一刻が神漫画だって聞くから読み始めたんだけどマジで面白いね・・・あんなに古い漫画なのに。時代を感じさせないよ

めぞん一刻が胸キュンすぎる 子供の頃に見ても意味わからなかったけど。こんな面白いラブコメは他にないぞ。

◎『陽あたり良好! 』 あだち充

桜3月、岸本かすみ15歳。4月から明条高校の1年生だ。親元を離れ、叔母の千草さんちで自由で楽しい下宿生活。さあ、3年間の青春ドラマの始まりだ。ところが下宿人はかすみだけじゃなかった。

陽あたり良好は高校生の男女が下宿先で恋をするというようなお話だった。あだち充の独特な恋愛感がね…、タッチとはまた違っていたのかな。

個人的には下宿生だったので、【陽あたり良好】が好きでした。でも、自分の居た下宿はむさ苦しい男ばっかりで、現実とのギャップにうなだれたものです。笑

それでも面白い!陽あたり良好ダントツだわ。みゆきよりもタッチよりも。みんな忘れちゃってるんだろーな・・さみしいぜ

◎『僕らはみんな河合荘』 宮原るり

親の転勤により、一人暮らしをすることになった宇佐くん。だが彼の新しい住居は奇人変態ばかり。だが、憧れの律先輩もそこにいて…

僕らはみんな河合荘のような宿舎に下宿したい。きっと毎日が素敵なんだろうなぁ

『僕らはみんな河合荘』一人暮らしに憧れた主人公宇佐は、下宿先の共用住宅アパートにて本の虫律に一目惚れ。童貞オーラ丸出しのギャグを交えたアプローチはまさに悶絶物。次第に本にしか興味もなく友達すらいなかった律にも変化が……?もどかしいくくすぐったい青春の輝きを浴びたい貴方にオススメ

『僕らはみんな河合荘(1)』読んだ。高校入学を期に、個性豊かな住人が共同生活をする下宿で暮らし始めた男子が主人公のドタバタラブコメディ。一途な主人公の恋を他の住人達が茶化す構図は伝統芸能であり安定。下ネタ強めの殴り合う掛け合いはテンポよい。画面は背景効果強めで少々賑やか。

◎『猫のお寺の知恩さん』 オジロマコト

のどかな田舎の高校に進学した源。下宿先の、親戚のお寺で同居することになった3つ年上の知恩ねーちゃんは、しっかり者に見えてなんだかとっても無防備で……?

「猫のお寺の知恩さん」田舎のお寺に下宿する主人公と、幼いころよく遊んでいた女の子との暮らし。大きなイベントは起きないものの、青春っぽく甘い雰囲気と女の子の健康的なエロさは作者のオジロマコト先生の好みであり武器なんだと思います。取り敢えず続きが読みたいです。 #籟の読む漫画

猫のお寺の知恩さんという漫画、作者のフェティシズム満載で面白い。地に足のついたラブコメが好きな人は是非。

猫のお寺の知恩さんていう漫画、これ内容が絶妙なバランスだな。日常系だがまどろっこしくないし、恋愛ものの様だが付かず離れず。もっと売れそう

◎『スプラウト』 南波あつこ

仲よしの女友達がいて、年上の彼氏がいて、思いわずらうことなんてなんにもなかった高1の実紅。だけど、ある日突然、お父さんが下宿を始めると言いだして……!?

スプラウト 南波あつこ 全7巻 読了。 久しぶりに少女漫画を読んだ。少女漫画と少年漫画の違いは、「日常」と「非日常」。少年漫画は異世界や超能力やファンタジー。少女漫画は恋愛や友達、学校生活や家族の様子。良質な少女漫画は、心がよく揺さぶられて心地いい芸術みたいだ。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する