1. まとめトップ

老後が心配な人必見! 誰でもわかる介護保険制度入門

高齢化社会を生き抜くために必要な介護保険制度。どんなサービスなのかをわかりやすく説明しています。

更新日: 2017年05月13日

5 お気に入り 2741 view
お気に入り追加

介護保険制度って何?

介護保険制度は65歳以上の高齢者が介護が必要になった場合に、介護サービスを受けることが出来る保険です。
介護保険で利用できるサービスにはたくさんの種類があり、基本的には利用者が希望するサービスを利用することができます。

保険料は誰が払うの?

保険料を支払うのは40歳以上の国民です。
社会保険のため、国民全員が加入しなければならないことになっています。サラリーマンの場合は給料から医療保険料と一緒に天引きされます。

誰が利用できるの?

65歳以上の高齢者で介護が必要な人です。
初めて利用する場合は、役所に申請し要介護認定という調査を受けます。
調査によって自立、要支援1から2、要介護1から5のいずれかの判定が行なわれ、判定の度合いに応じて、利用できるサービス内容や利用できる限度額が異なるようになっています。
自立では利用は出来ません。要介護5がもっとも重度な判定となります。

介護サービスの利用料金はどうなるの?

費用の自己負担は1割か2割です。残りの料金は介護保険が負担してくれます。
料金は介護保険の法律によって定められており、サービスの種類や要介護度によって決まっているため、施設によって料金が違うということはありません。

利用できるサービスの種類

利用できるサービスは大きく分けると

1.入所サービス

2.通所サービス

3.訪問サービス

に分けられます。これらのサービスは、さらに細かく分けることができます。

入所サービスの種類

入所サービスは施設に入所する介護サービスです。自宅で生活することが難しい重度な人が利用対象となります。
入所サービスには以下のようなサービスがあります。

1.老人保健施設
介護サービスを受けながら、生活リハビリテーションを行い、自宅や他の施設への入所を目指す施設です。ずっと利用できる施設ではなく、利用期間は数ヶ月から2年程度になることが多いです。

2.老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
重度な介護が必要な人が介護を受けながら生活する施設です。要介護3から5の人が利用できます。

3.介護療養型医療施設
療養治療と介護サービスの両方が必要な人が利用する施設です。2017年の時点では、将来的に廃止される方針となっており、新しい施設が建てられることはありません。

4.グループホーム
認知症の人が入所する施設です。自宅に近い環境になっており、少人数で形成されるユニットで生活を行います。

老人保健施設でのリハビリテーション

介護度が重い利用者が多いのが特徴。
寝たきりの方も多いです。

通所サービス

通所サービスは自宅で生活している介護が必要な高齢者が施設に通って1日を過ごすサービスです。
通所サービスには

1.デイサービス(通所介護)

2.デイケア(通所リハビリテーション)

があります。

どちらも食事や入浴、レクリエーションなどを楽しむことができます。
デイサービスとデイケアの大きな違いは、身体機能を維持するための訓練内容です。

デイケアには理学療法士や作業療法士といったリハビリテーションの専門家がいます。そのため、専門的な知識に基づいた機能訓練やリハビリテーションが受けられます。

デイサービスにはリハビリテーション専門家はいない場合がほとんどで、介護士さんが機能訓練を行なうことが多いです。

デイサービスでの団らん風景(イメージ)

デイケアでのリハビリテーション(イメージ)

訪問サービス

訪問サービスでは介護スタッフや看護スタッフが自宅を訪問し、自宅で介護サービスを受けることが出来ます。

訪問サービスには
1.訪問介護(ホームヘルパー)

2.訪問介護

3.訪問リハビリテーション

があります。

それぞれ、訪問スタッフが介護、看護、リハビリテーションを提供してくれます。

訪問介護のサービスには家事援助と身体介護の二つがあります。

看護師がバイタルチェックなどの健康管理や、医学的処置などを行なってくれます。

自宅でリハビリテーションが受けられます。

介護保険利用を助けてくれる強い味方! ケアマネージャー

介護保険制度を利用する際にサポートしてくれるのがケアマネージャーという資格です。

多くは居宅介護支援センターなどに勤務しており、介護保険を利用したい人をサポートしてくれる資格です。

利用料は介護保険が負担してくれるため、無料です。

要介護認定の申請から、サービスを受ける業者との調整まで行なってくれます。

ケアマネージャーの力を借りることで、誰でも介護保険制度が利用できます。

利用者の話を聞き、適切な介護保険サービスを提案してくれます。

1 2





ファンキー0914さん

まとめサイト