1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

alex4137さん

7の法則

爆発後の時間が7倍経過するごとに、線量率は1/10に減少する。
• 例1:爆発1時間後の線量率を基準とすると、爆発7時間では1/10、さらに7 x 7 = 49 時間(約2日)で1/100, 7 x 7 x 7 = 343 時間(約2週間)後には1/1000に減少する。
• 例2:7日目(1週間)では、1日目の1/10 に減少する。

きのこ雲が見えたら初動は30分が勝負。核攻撃で放射性降下物を避ける方法をLLNLに聞いてみた

さて本題。原爆が投下され、最初の爆発で負傷を免れたら、次に考えるのは「死の灰(放射性降下物)をどう避けるか」です。と言っても冷戦時代ではないので「専用の核シェルターがなくても必要十分な保護は確保できる」とディロン氏。要は「シェルター代わりに使える建物がどんなもので、使えない建物がどんなものか知っておくだけでいい」んです

【会員限定】4.岩上「日本には核シェルターもほとんどない。官邸や国会、永田町から霞が関まで地下に核シェルターはないということです」。福好氏「あるのは防衛省だけですね。核戦争を真面目に考えていないんでしょう。危険を煽りながら『攻撃はない』と思っている」@iwakamiyasumi

@tomo_k4503 @808cho @shiikazuo 先の大戦で学び、また当時とは違い 北朝鮮は核を持つ国で、日本は多数の核の地雷を持つ国です。 平和外交以外に有りえない、個別的自衛権を発動させることがあってはならないと… twitter.com/i/web/status/8…

核戦争が起こるって…それ、いったいどういうことなんですか!?小津先輩!

核戦争を描いたハリウッド映画見て、実際はそんな程度のもんじゃないのにと思ったけど、読売新聞記事もハリウッド映画感がある。 twitter.com/robo7c7c/statu…

学生の頃放射線の教授から渡された世界の放射線事故マップ(核爆発、実験事故などの)を見てみたけどやはり福島第一原発は氷山の一角で、数だけで放射線事故が多い国はアメリカだった。しかもそのうち戦争による被曝が日本という事実がある。 #放射線学 #戦争と平和

これからの予言 ●2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ・ヨーロッパ・中国に対して核戦争を仕掛ける。) ●2017年 30億人の死者を出し、ロシアの勝利に終わる。

世紀末予言、核戦争開始の期日は2017年5月○○日! 1: 2017/05/05(金) 23:50:58.59 ID:CAP_USER9 透視能力を持つポ denshoko.com/blog-entry-704…

1