1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter民が回顧する『斜め上な思い出話』に…お、おう(汗)

Twitter民の記憶に鮮明に残る、"特異"な思い出エピソードを紹介します。。

更新日: 2017年05月07日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 218549 view
お気に入り追加

◆エピソード『会社の研修中にて』

研修中に「迷ったら動け!とにかく手足を動かせ!」と言われて、難しい課題を突きつけられたときにさっぱり分からなかったので、同期ととりあえずパラパラ踊り出したら怒号飛ばされたの思い出す。

「何を踊ってるんだ!」 「迷ったのでリラックスしていたんです!机にかじりついているだけでは何も生まれません!先ほど教えていただいた、『手足を動かせ』というご指導の賜物です!ありがとうございます!」 「それで、リラックスしたらいい案は出たのか!」 「出ませんでしたアー!!!www」

◆エピソード『職場の飲み会にて』

若い頃、クールな管理職が異動してきた。血筋が良く出世が決まっており、正論ばかり喋るだけの人だった。一度、職場の飲み会で泥酔した際、物真似でその人の口癖「それ以上でもそれ以下でもない」を連呼して周囲を喜ばせてたら、背後にその人が無表情で立ってた。その後2年程、不遇の時を過ごした。

◆エピソード『小学校時代のこと』

小学生の時R君が遠足で先生と遊んでほしかったのに先生に言えず遊んでもらえなくて、作文に先生と遊んでほしかった…とは書けずに楽しくなかったとだけ書いたら大好きな先生から「みんな楽しかったって書いたのにどうしてR君はこんな作文を書いたの?」と怒られてR君が泣いてしまったのを思い出す

◆エピソード『中学時代のこと』

毎年、この時期になると思い出します。 「May I help you ?」という英文を 「わたしがあなたを助けたのって5月?」 と訳した中学生時代の友人の事を…

◆エピソード『高校時代のこと』

急に思い出したが、高校時代の級友が国語の授業中に急に立ち上がった。先生が「どうした?座らないのか?」と低姿勢に促したが、「や、立ってる方がいいんで」と授業続行。なぜ彼は立ち上がったのだろうと思うと同時に、別にそういう時があってもいいかもなと思った。後に東大卒の彼元気かな

不幸自慢といっていいのかわかりませんが高校の時クラスでの文化祭の打ち上げの際に不祥事を起こしてクラス全員が説教と注意お叱りなどを受けたのですがぼくだけハブにされててクラスで唯一無罪放免だったのは不幸なんですかね

◆エピソード『大学時代のこと』

大学生のころ、当時好きだった女の子とお酒を飲みに行く約束をしたとき、女の子から「当日は自家用ジェット機で行きまーす!」ってメールが来たので「ジェット機www了解w」って笑いながら返事してたら当日に「ごめん…自家用ジェット機持ってなかった…」って理由でドタキャンされたことがある

◆エピソード『バイト中での出来事』

昔バイト先でパリピ気質かつ金髪のギャルがいて、休憩中に「鮫が好きなんですよ~」と話を振られ、ど~せ彼氏と行った水族館とかだろって内心鼻くそほじりながら「ふーんホオジロ?」と振ったら「ネズミザメ目よりもネコザメ目ですね。シマネコザメ超可愛いです」とか言い出した時を思い出す

学生時代テレビ局で翻訳の友達がバイトしてて手が空いてたから廊下で寝てたらたまたま中居くんだ通りかかって「君大丈夫?体調悪いの?」って声かけられたって言ってたの思い出した。

◆エピソード『バイトが辞めた話』

昔バイトが凄い辞め方をした。全員の昼飯を頼んだら金持って原付乗ってそのまま辞めた奴がいた。仕方ないから履歴書見て電話をかけて「原付は返せ」と言ったら『六本木の公園に午前7時に来てください。原付と昼飯代を置いておきます。』と身代金受け渡しみたいなやり取りをした。良い思い出にならない

◆エピソード『バイトを辞めた話』

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。