1. まとめトップ

【登山初心者】レインウェアを買う前に知っておきたいアウトドアブランド9選【レインスーツ】

登山三種の神器のひとつとされるレインウェア。数ある中で登山者の信頼を集めるレインウェアを取り扱うアウトドアブランドを紹介します。

更新日: 2017年05月13日

18 お気に入り 45066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oretokuさん

登山三種の神器のひとつとされるのが、雨具の基本、レインウェア。数ある中で登山者の信頼を集めるレインウェアを取り扱うアウトドアブランドを、その人気、定番モデルとともに紹介します。

ザ・ノース・フェイス

山でも街でも大人気の米国アウトドア総合ブランドです。特にレインウェアは、昔から愛用者の多い登山アイテムで、ノースフェイスの人気の要因となっています。

画像は、ノースフェイス独自の透湿防水生地を使用したレインスーツのエントリーモデル。

高い山はちょっと無理になったとき、買い換えました。安価でザ・ノース・フェイス製なので購入しました。満足しています。

モンベル

日本最大手のアウトドア総合ブランド。レインウェアの信頼は厚く、愛好者の多いアイテムのひとつです。全国に販売店があるので、比較的購入も容易でしょう。

画像は、モンベルの定番ゴアテックスレインジャケット。より安い、モンベル独自素材を使用したモデルもあります。

半年で10回使用しました。さらっとしていて、水漏れなく、大満足です。他のゴアテックス商品と比べるとお買い得な気がします。

今季のストームクルーザーは生地が変更されたことにより、腕通りも滑らかでより柔らかくとっても気にいってます☆

ミズノ

言わずと知れた日本の大手スポーツメーカーです。登山用品に関しては、レインウェアがダントツの人気。安く購入できるのも魅力です。

画像は、「富士山着用率No.1」とうたわれているド定番のレインスーツです。

一年くらい活用してますが、さすがに何度か洗濯してしまっているので防水機能は低下してます。しかし、市販の防水スプレーを使用すれば問題ありません。コンパクトな収納袋もついているので助かります。何よりデザインがいいので気に入っています!

低山日帰り登山で毎回携行しておりますが、防風にもなるのでいつも休憩時、朝の出発時等に来ております。軽く、デザインもよく気に入っております。

コロンビア

アウトドアだけでなく街着としても人気の高い米国アウトドアブランドです。特にカジュアルなデザイン性のアパレルは、ファッションアイテムとしても人気。アウトドア用品としては求めやすい価格帯です。

画像は、コロンビア独自の透湿防水素材「オムニテック」を使用した新作エントリーモデル。

軽さ・丈夫さ・デザインともに優れたアイテムだと思います。購入早々、北アルプス登山に携帯し、土砂降りの雨の中大活躍でした。

雨を弾き風も通さないので暖かいです。Coalにしたけれどかなりかっこ良いし、ヘビーローテーションになると思います!!

ファイントラック

日本の比較的新しいアウトドアブランドです。これまでになかった独自路線で開発を行い、シェアを獲得しています。登山ウェアのほか、寝袋、テントやツェルトなどを販売しています。

画像のレインジャケットは、独自のストレッチ性のある透湿防水素材を使用しているファイントラックの代表作です。

驚異的に動きやすく、しなやかで快適な着心地の防水透湿アウターシェル。雨を防ぐため、風を凌ぐため、寒い外気温を遮るためなどシーンを選ばずマルチに活躍します。

ザック収納については非常に軽くコンパクトです。着用についてはまだ雨に降られていないのでわかりませんが、ストレッチがありゴワゴワ感がなく動きやすいです。

マーモット

アメリカのアウトドアブランド。レインウェアは、本国で非常に人気の高いブランドです。日本では、山スカートを広めた四角友里さんのコラボ製品を展開しています。

画像は、レインウェアのベストセラーモデル。

蒸気通過の高い防水透湿性素材nano pro™を使用したMarmotのベストセラーシェル。ソフトな肌触りと表面の耐久性が雨天のアクティビティーを快適にしてくれる。ベンチレーション(脇下)によりダイレクトにウェア内の換気も行えるので着用時間も長く、アウトドアからタウンまでフィールド幅がとても広い人気のシェル。

1 2