1. まとめトップ

ナルト感動名シーン傑作集~泣ける・胸にくるシリーズ~少年編

世界規模で大ヒットのNARUTO。ネットやTwitterでも話題となった大人気作品ですね☆家族や友人の存在・生き方と死に様、必ず自分の中で大きなモノを得られる作品なので、原作やアニメをもう一度読見てみませんか。泣ける話ばかりですよ。

更新日: 2018年06月07日

1 お気に入り 52843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

桂太郎さん

イルカの想いナルトへ届く「お前は俺の優秀な生徒だ!」

自分の存在すら認められず、孤独の中にいたナルト。
そんなナルトにとって、初めて存在を認められる言葉が贈られた。
それも面と向かってではなく、たまたま聞くことが出来た自分への想い。
紛うことなきイルカの本心を表している。

化け物なんかじゃない!俺の優秀な生徒のうずまきナルトだ!

これまで里のみんなから化け物と蔑まれ邪険な扱いをされてきたナルトにとって、これほどまっすぐに自分を認めてくれ嬉しい言葉はないだろう。

イルカ先生に認められたことは、ナルトの中で大きな自信となり、里の嫌われ者を英雄へと成長させた。
そして贈られた言葉だけでなく、イルカ先生という人物そのものが、ナルトにとっての支えとなった。

今までありがとう~ハクに伝えれなかった言葉

自分の事を道具として忠実にザブザに従ってきた。
役に立てないなら死んでしまおうとした。
最後の最期までザブザを守るために死んでいった。
そんなハクにありがとうを伝えれなかった。

周りの者が言葉だけを聞けば、都合よく利用されているだけ。
ハクはそれでもよかった、自分の事を必要としてくれるザブザの役に立つことが自分の喜びだから。

ザブザはそう思っていなかった。
言葉ではそう言っていても、心の中では一緒にいろいろな経験を乗り越えてきた相棒だった。

そんなこと俺が一番わかっていたんだ【小僧それ以上はなにも言うな】
事実、道具のように扱ってきたことも多々あった【今まで悪かったな】
離れたくない、もっと一緒にいたかった、これで俺も終わりか【せめて最後もお前の側で…】
優しすぎるハクは天国へ、残酷な俺は地獄へ、おそらくそうなるがそれでも…【出来るならお前と同じ所へ行きてぇな】
ハクは俺の事を大切に思っていてくれたかな【ハクよ泣いているのか】

ザブザが自分でも気付かないほど、心の中で大切に思っていたことがヒシヒシと伝わってくる。

「霧隠れの鬼人」として恐れられる人物が、敵であるカカシからお前たちがナルトの最初の敵でよかったと言わしめるほど、人を大切に思うことが出来る、忍びとして人間として葛藤してきた人物でもあった。

ナルト君あなたは私の憧れです

親戚で同じ流派のネジに勝てないことは自分がよく分かっている。
それでも負けられない、逃げたくない…大好きで憧れの人の前だから。

人見知りで自分に自信がない日向にとっては、嫌われ者のナルトも活発で明るく、いつも自信満々な理想像だったのかも知れない。

命さえ落とす危険な中忍試験。
目の前には、勝ち目がない敵。
それでも憧れのナルトに応援された!
逃げるわけにはいかない!!

「まっすぐ自分の言葉は曲げない」それが憧れの人の、そして私の忍道だから!!!

見ていてくださいガイ先生

忍術がまったく使えない自分を、立派な忍びに育て上げようとしてくれるガイ先生の期待に応えたい。
中忍試験程度でつまずく訳にはいかない。

得体のしれないガアラは不思議な砂を操り、普段の体術ではキズ1つ付けることが出来ない。

大切な人を守る、大切なモノを守る、大切な約束を守る、大切な思いを守る。
ここは後先考えずとにかく勝ち進むしかない。

見ていてくださいガイ先生。第五杜門…開!!!

結果ではなく決意で示す~リーよお前は立派な忍びだ

「構わーん!俺が許す!」決して軽く発した言葉ではなかった。
リーの目標を、リーの努力を、リーの強さを誰よりも知っていたからこそ口にした言葉だった。

リーは誰にも負けない。
その思いは砕かれた。

ガアラの砂縛柩をまともに受けて、すでに戦える状態ではなくなった。
リーよ、もういいんだ。惜しくも負けてしまったがお前はよく頑張った。
もう戦う姿勢はみせなくても…お前!?
ガイの目の前には全身にキズを負い、気を失いながらも立ち上がり、ガアラと戦い続けようとする愛弟子リーの姿が。

お前は負けてしまったが、決して弱者なんかではない。
人間の本能にさえ逆らうほどの強い強い意志を持っている。

リーよ!おまえはすでに立派な忍びだ!

ナルトとガアラは似た者同士~化け物同士の戦いの行方

大人の都合で体の中に化け物を入れられ、自分の存在を化け物として忌み嫌われ、孤独な人生を歩んできた。

他の子供たちには、普通に両親が居て楽しく過ごし、普通に友達が出来て遊ぶ。
その普通がどれほど羨ましく、欲しいと思ったことか。

《化け物・忌み子・孤独》そんな共通点を持つ二人が過去の辛い思いを、憎しみを力に変えてぶつかり合う。

戦う前から結果は決まっていた。
ガアラは今も孤独で憎しみしか力に出来ない。
ナルトは、過去の辛い思いと友達を守りたい二つの気持ちを力に変えて。

「人は大切な何かを守りたいと思ったときに本当に強くなれるものなんです」
ハクに言われた言葉はナルトが誰よりも知っていた。

イルカ先生に認めてもらった。カカシ先生に他の生徒と同じよう平等に扱ってもらった。サスケとサクラちゃんは同じ班の仲間だ。
欲しくて欲しくて仕方がなかった人との繋がりがやっと出来たんだ。

そんな繋がりは…ガアラ、お前を殺してでも守り抜く。

共通の過去を持つ二人が、気持ちをぶつけ合い死闘を演じた。
立場や過去は関係ない…ガアラこれからは友達さ。

三代目よ、永久に…

1 2