1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter発。クリティカル度が高すぎな『会話の返し』

「そう言われたら、もう…(汗)」ってなる人の心に突き刺さる"返答"の実例を集めました。

更新日: 2017年05月08日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
384 お気に入り 425215 view
お気に入り追加

◆『上司』に対して

昔、上司から『君のためだから』って仕事をふられて、『僕のためという理由であれば拒否します。それをやることは一切僕のためにはなりません。「みんなのために君が泥をかぶれ」というのであればやりましょう。さあ、どうします?』って言ったことある。

上司「お前部活動やってたんだろ!?先輩に気を使えなくてどうするんだよ!」 後輩「すいません、1年からレギュラーだったもので……」 草

◆『中華料理屋』にて

こないだ行った小さい中華料理屋で人生で初めて「はい、おつり300万円」をやられてめちゃくちゃ感動して「いや〜かえって儲かりましたわ!!!!!」って誠実なリアクションした

◆『ワンコインランチをやっているお店』にて

ワンコインランチをやってる店に入ったら、会計の時に、「540円です」と言われたので、「あっ、税別なんですか?」と思わず聞いたら、「500円玉と50円玉でお支払い頂くと、お釣りは10円玉でお返ししますので、2枚引く1枚で、ワンコインになります」と返された。一休さんみたいな店だった。

◆『オフ会』にて

オフ会出て「イメージと違う」って言われたら「実写版ですから」って返せばいいな。

◆『さすが…(汗)』ってなる秀逸な返し

「多数で一人を攻撃とか卑怯じゃね」に対して…

戦隊物の「多数で一人を攻撃とか卑怯じゃね」って命題に「いやお前が迷惑かけたの俺らの数だけじゃすまねえんだから、舐めたこと言ってんじゃねえぞ。代表して少人数で来てやってんだからありがたく思え」って言い返したキュウレンジャー流石としか

イチローがコンディション維持のために過酷な節制と準備運動とトレーニングを課しているのは有名だけど。 「なんでそこまでストイックなの?」という質問に「僕、いくらもらってると思います?」と返したエピソードが、「プロに最高の成果を求めるには、何が必要か」への端的な答えだと思います。

◆何かの場面で応用できそうな秀逸な返し

職場で「何もしてないのにPCが壊れた」って言われたら「え、仕事もしてないってことですか?」と反問したら大体するすると何をしたか喋ってくれます

バイトの先輩がミスしてお客様に怒られ、ただ謝る先輩に怒ったお客様から『お前、謝ればすむと思ってるやろ?』とのきつい言葉の投げかけに、『謝って済むとは思っておりません、ですが謝らないで済ませるつもりがないだけです』という次の先輩の切り返しに全俺が感動した。

嫁の「もうお酒は卒業するって言わなかった?」の責めには「卒業したけど同窓会くらいはするだろう」で逃げ切ってます。

◆「その柔軟な対応力…すごい…」ってなる返し

上級救命講習なう 講師「AEDの説明をします。使ったことありますか?」 私「な……あ!」 講師「あります?」 私「使われたことがあります」 講師「!?…そのパターンは初めて…」数秒沈黙 講師「AEDを早急に使うと、このように元気に復帰できます!!」 私「なんかすみません」

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。