1. まとめトップ

【NHKで紹介】2017年 紅茶キノコ の再流行きてる?【Kombucha 昆布茶じゃない】

昭和の頃に流行した紅茶キノコを知っていますか?2017年にKombuchaという名前でアメリカで健康飲料としてブームになっているとNHKで紹介されたことが話題になっています。どうして昆布茶とは関係ないのにKombuchaになったのかなど、ニュースとツイッターの反響をまとめました。

更新日: 2017年05月08日

IToyajiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 674 view
お気に入り追加

2017年のGW開けの5月8日、紅茶キノコが話題になっています

紅茶キノコって何だっけ?昭和に流行ったんだっけ?

紅茶キノコに関して Wikipediaでは何と解説しているのか?

日本では昭和40年代末から50年代初頭にかけて、健康食品としてブームとなり、流行した。家庭で栽培できたことから、株分けにより口コミ的にも広まったが、ブームは『紅茶キノコ健康法』の発行によるところが大きい。

欧米ではKombuchaと呼び、健康飲料として売られている。マンゴー味、ストロベリー味、ローズヒップ味といった、欧米向けに加工されているものもある。

日本で1975年初頭から異常なブームとなり、漢方薬的効果を期待して飲んだ人のあいだでさまざまな生理的異常が生じたとされ、安全性が心配され有効性に疑念が持たれた。

1977年に東京都立衛生研究所の研究者らが都内の愛飲家からわけてもらった紅茶キノコについての調査では、紅茶キノコを構成する微生物に病原性は認められなかった。

共生細菌を多く含んだ発酵飲料として位置付けられる。家で培養したものは酸性度が高くなりすぎることがあり飲んだ人が死亡に到る危険性もありうるとして一部の専門家は注意を呼びかけている。

海外ではKombucha(コンブチャ)と呼ばれているそうです

欧米における Kombucha という名称は日本語の「昆布茶」と似ているが、紅茶キノコと昆布茶は全く別のものである。

The American Heritage Dictionary は、英語話者がゼラチン状の培地を海草(昆布)と誤解し、「昆布茶」と混同したものと推測している。

2017年の紅茶キノコ(Kombucha)はどんなふうにニュースで紹介されているか?

日本語では紅茶キノコと言われるこのコンブチャ。起源は秦王朝で誕生し、そのあとロシアに渡り、ヒッピー達によって多く広まったみたいです。最近ではセレブの間で流行利、世界でも注目されています。

最初の印象は、見た目は白いクラゲのようでちょっと気味が悪いし、匂いがちょっと、、という感じでした。でも実際に飲むのはその白いクラゲが浸ってある茶色の原液みたいでそれを炭酸水などで割って飲むと飲み易く、さっぱりとしていて健康に効きそうな気がしました。

数年ほど前から海外で話題になっている飲み物が”KOMBUCHA”。「コンブチャ」と発音しますが、日本の昆布茶のことではなく、一昔前に日本でも流行った紅茶キノコのこと。
紅茶キノコとは、砂糖を入れたお茶などに酵母菌などの菌を加えて寝かせたもの。簡単にいえば発酵させた飲み物のことです。
納豆や味噌などの発酵食品が健康にいいのと同じように、コンブチャも体によいと海外で話題になっているんです。
ハワイのスーパーでは、マンゴーなどのフレーバーがついたコンブチャが販売されていますよ。

TVで紹介されてツイッターでも話題になっています

健康食品はつい買ってしまいます。 いろんなセレブも愛用してると謳われているコレ、 名称・・・コンブチャ 成分・・・紅茶キノコ 味・・・・マンゴー 不思議ちゃん(*´-`) pic.twitter.com/7PabDxd4Pa

さっきNHKおはよう日本で紹介されてた紅茶キノコ…今海外ではKombucha?と呼ばれて人気とか…。キノコも昆布も入ってないけど名前だけ通りのいいものに乗っかってる胡散くさいものにしか思えませんでしたが、どういうつもりで紹介したのかとても疑問。公共放送が流行らせたいんですかね?

今朝のNHK「おはようにっぽん」で紅茶キノコの正体がキノコでは無いことを知りました。見た目がキノコみたいだから、そう呼んでいるだけのようです。 じゃあ何なの? とは聞かないでください。 平日朝のテレビは時計代わり。 天気予報以外は「ながら」でしか観てないのです。

NHKで「紅茶キノコがKOMBUCHAに」と好意的に紹介してる。なんでこの手の怪しいモンにすぐ飛びつくかなぁ

紅茶キノコ復活だとかで、なぜかkonbcyaとしてアメリカで発売。 紅茶キノコが、日本から韓国に渡りそれがアメリカに移り人気です、とNHKが言ってる… ほんとかなぁ…w

やばいなkonbucha。紅茶キノコ→韓国→アメリカ→konbucha→日本。こんぶ茶じゃないのに。もうこんぶ茶の居場所がない。

アメリカで、かつて日本で流行った「紅茶キノコ」がブームになっているらしい。韓国経由で渡り、かの地では「KONBUCHA」として流行し逆輸入されて来た。 なんか色々と誤解が積み重なっている気がする。#nhk_news

NHKの朝のニュースで、アメリカで流行っている飲み物の話題をやっていて、昔日本で流行っていたと言っていたので、ふざけて「紅茶キノコだったりして」と言ったらまさかの正解だった件(笑)。でも “KOMBUCHA” って名前は、どうなの?

「年配の方にはなじみ深い紅茶キノコが“KOMBUCHA”として海外で人気。日本でも広めようと西麻布にショップができました」とNHK『おはよう日本』。「紅茶、緑茶、砂糖のブレンドにスコビーという酢酸菌を入れて発酵」させる…NHKは検証しっかりして報道してるんだろうか。

Kombucha として飲んだことのある人も

そうだった、KOMBUCHA、ドイツのサウナでも置いてたな。紅茶キノコって呼んでたころは怪しすぎて飲もうとは思わなかったけど、ちょっと飲みたい気がしてきた。

1 2 3





なんにでも興味を持って調べたことをまとめています。
いまの時代、新しい言葉や概念がどんどん出てきて、すごいですね。
連絡はtwitterで @IToyajiM までお願いします