1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

不機嫌な人が増加?「クレーム大国日本」がめっちゃ危うい

不機嫌な人が多くなりクレームなどが増えています。それによって色々な方面に歪が生じています。

更新日: 2017年05月08日

216 お気に入り 534749 view
お気に入り追加

■クレームを訴える人が増加している

「クレームは年々増加し、多様化している」

底辺クレーマーの無理な要求がエスカレートし、労働力の流出が起きている

様々な業界で問題となっている

■コンビニではモンスタークレーマーが問題に

最近は「モンスター・クレーマー」と呼ばれるような、一筋縄ではいかない厄介なお客さんが増えている

スプーンを袋に入れ忘れたために発生したクレームです。店側は商品代金を返金すると申し出たのに対し、「せっかく購入したアイスが食べれなかった」「楽しみにしていた気分が台無しだ」「客商売なら誠意を見せろ」となりました

「声が小さい」と言われて朝の4時に説教された話や、笑顔で接客をしていたら「人の顔を見て笑う店員がいる」と本部にクレームを入れられたという話もあった

副店長の暴走がヤバい。機嫌がわるいのはわかってたけどコンビニ店員に食ってかかるとは思わなかった。領収書の切り方が気に食わなくてフェイスブックに画像投稿した上にスポットもあげたそう。マジ怖いしモンスタークレーマーがここにいたとは

■市役所の職員がクレーマーによって自殺するという事件も…

栃木県某市役所の職員の方は、クレーマーに12年間付きまとわれた末に飛び降り自殺されました

印象的だったのは、その方は庁舎内に遺書を残していたのですが、恨みがクレーマー本人ではなく守ってくれなかった組織に向けられていたことです。

クレーマーの問題を放置していると管理監督者の責任問題になりえます。これは脅しでもなんでもなくて、そういう社会になりつつあるということ

@R2_rope @greenfieldlane クレームに弱いからクレーマーは嵩にかかって責めを繰り返す。政治自体もすぐに遺憾の意だの、辞任だのと反論する前に謝罪して幕を引こうとする。その陰で弱い立場の者が自殺に追い込まれる。

■消防士もクレームに悩まされている

『過度な配慮』や『過度なクレーム』は、消防士や救急隊員といった人命救助に関わる人たちを苦しめている

制服姿のままポンプ車でうどん屋に立ち寄ったということが、クレームにつながった本件。同本部は「消防車は消防活動以外に使わないと市内の消防団と申し合わせている」とのこと

「夜はうるさいからサイレン消せ」や「土日はうるさいから訓練するな」など、もっと酷いクレームに繋がり、業務に支障がでる

消防士がコーヒー飲んでるとか 消防車でうどん食べに行ったとか クレームつけてる暇なヤツは 火事現場で消火活動してる消防士の姿を見るべきなんじゃないかなー

■ゴミ収集車に対するクレームも…

例えば、こんな苦情が届くそうです。「なぜ公務員が、俺たちの税金で缶コーヒーを飲んでいるんだ!」公務員も人間です。ノドが渇くことも、眠気覚ましに缶コーヒーを飲みたくなることもあります。

「まだゴミ取りに来てねーぞ! 今すぐ来い!」という苦情の電話を受けて状況を確認すると、その地域はすでにゴミの回収が終わったあとでした。

「なんで朝早く出さないといけないの? こっちの都合も考えてよ!」「ゴミは○時までに出してください」と指定された時間が早すぎる、と怒りの声が。

朝から大変だなあ、暑い中大変だなあ、とは思わないのかなあ。朝、保育園送りの時とか道譲ってくれたり紳士だよ。→ 「あまりに心ない言葉で泣いた」ゴミ収集車の職員にクレーム grapee.jp/327832 @grapeejpより

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する