1. まとめトップ

行ってみたい!宮城蔵王キツネ村がとにかく話題♪

動物園がちょっとしたブームになっていますが、世界的にもちょっと珍しいとにかくキツネを集めた宮城蔵王キツネ村が話題です。

更新日: 2017年06月20日

maulanairfaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 5879 view
お気に入り追加

宮城蔵王キツネ村がネットで話題!

ゴールデンウィークに出かけた人も多いようで、画像もたくさん上がっていました。

誰か一緒に宮城県に行ってくれ〜 キツネ村に行かせてくれ〜

キツネ村楽しかったなー。 GWはしゃぎすぎたせいで、手首が痛くてタイピングに支障出てるけど、楽しかった記憶が上回ってる笑 また2~3年後にいきたくなるんやろなー笑 #キツネ村 pic.twitter.com/fG97MTjhl8

先日キツネ村に行ってきましたー!ついにー!みんなかわいかったよう フレンズかな?って人もちらほらww pic.twitter.com/gN8OTcnDV2

キツネ村の魅力とは?

出典coub.com

200頭以上のキツネが自然のまま放牧されているのが最大の特徴。
あくまで自然のままなので、注意事項も多いですが、守るだけの価値はあります。

宮城蔵王キツネ村(みやぎざおうキツネむら)は、宮城県白石市北西部にある、キツネの展示を中心とした民間の動物園・テーマパークである。しばしば「蔵王キツネ村」や「キツネ村」と省略されて呼ばれる。

宮城蔵王キツネ村は宮城県白石市北西部にある、キツネの展示を中心とした動物園・テーマパークです。
キツネのニコニコ顔に癒されるための施設といってもいいでしょう!
パーク内には約250頭のキツネが飼育されており、おなじみのキタキツネや、めずらしい種類の銀ギツネ、青ギツネ、プラチナギツネ、シャドーギツネ、十字ギツネの合計6種類のキツネたちが出迎えてくれます。

園内は森の中に整備されていて、そこを歩けば後ろからついてくるキツネがいたり、衣服を引っ張るキツネがいたりと、キツネの知らなかった生体を観察できます。
そして、キツネの他にもウサギなどの動物とふれあうことができます。

エキノコックスという人間にも感染する寄生虫の関係で野生のキツネに触るのは危険とされていますが、キツネ村ではエキノコックスフリーのキツネを抱っこできるエリアを用意しています。

放牧エリアとは別に、屋内飼育のエキノコックスフリーのキツネに直接抱っこ体験出来るエリアも用意されており、これが世界的に稀有な体験とみられ、外国人観光客を引き寄せている。また、ゴールデンウィーク頃からは子ギツネの抱っこ体験も出来る。キツネ以外にもウサギなどとも触れ合える。

当蔵王キツネ村は、平成2年開設以来、エキノコックスを入れない、感染させない万全の対策を組み、場内のキツネたちは全て人工的に繁殖して慣らしたものです。

春は子ぎつねが生まれる次期なので、子ぎつねたちを抱っこすることができ、冬は一年で一番毛の量が多いので最高のモフモフ感を味わうことができます。
キツネ村へはすこし山奥にあるのでアクセスがやや大変ですが、癒し効果抜群のキツネ達には会ってみる価値ありです。

周辺には温泉も!

薬湯が有名なゆっくり過ごせる温泉郷です。
しっかりとした旅館のある温泉郷は鎌先温泉が最寄りです。
蔵王開拓温泉という立ち寄り湯メインの温泉がありましたが、休止中という情報が。。。

鎌先温泉郷は宮城蔵王キツネ村から一番近い温泉郷です。
鎌先の湯が発見されたのは、はるか600年以上も昔。水を求めた農夫が、持っていた鎌の先で地面を掘ったところ湯が湧き出たことから「鎌先温泉」と名付けられました。
東北でも歴史の古い温泉です。「キズに鎌先」と言われ、奥羽の薬湯として知られてきました。

5軒の旅館が点在する。開湯は正長元年(1428年)。現在湯治を受け入れているのは1軒のみとなったが、1990年代までは湯治客も多かった。傷に鎌先として奥羽の薬湯としても有名。
黄金風呂や部屋食が人気のすゞきや旅館、にごり湯や天狗風呂がある木村屋旅館など5件の旅館が点在している。

東北自動車道・白石IC(地図)より約15km、約19分。
・国道4号から国道457号に入り、宮城県道51号南蔵王七ヶ宿線経由して至る。
・国道4号から宮城県道254号南蔵王白石線に入って、鎌先温泉の手前を経由して至る。

キツネ村の交通アクセス

鎌先温泉よりもキツネ村に少し遠い温泉。
こちらは硫酸塩泉が有名で鎌先温泉と同じく湯治に人気です。

遠刈田温泉(とおがったおんせん)は、宮城県刈田郡蔵王町(旧国陸奥国、明治以降は磐城国)にある温泉。

開湯は江戸時代初期とされ、蔵王権現参拝者の湯治場として栄えた。 蔵王山麓を流れる松川沿いにあり、遠刈田こけし
のふるさととしても知られている。共同浴場は、大きく 立派な 「神の湯」 と、風情のある 「壽の湯」 がある。
遠刈田温泉街は源泉集中管理方式で、その周りに点在するホテルなどは自家源泉を所有している。温泉街の源泉は、
「壽の湯」 共同浴場の駐車場地下にあり、毎分約1000Lの源泉が湧出している。 この源泉は、一度貯湯タンクに溜めて
から、温泉街にある 9ヶ所の温泉施設施設へ均等に分湯されている。

蔵王連峰の東麓に温泉街がある。また周辺の高原地帯にも広く宿泊施設などが点在している。
遠刈田温泉株式会社が設置している公衆浴場が2軒あり、いずれも温泉街の中心部に設置されている。1つは刈田嶺神社(里宮)に隣接する「神の湯」である。もう1つの浴場「壽の湯」は、湯の熱さと小振りな風情ある建物で知られ、観光客にも人気が有る。

1