1. まとめトップ

綾瀬はるか×坂口健太郎W主演 ラブファンタジー『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかと坂口健太郎がラブファンタジー映画「今夜、ロマンス劇場で」でW主演することが決定。監督は『テルマエ・ロマエ』『のだめカンタービレ』を大ヒットさせた武内英樹監督。綾瀬の天性のコメディエンヌぶりに目をつけていたプロデューサーがキャスティングで、二人にあて書きした完全オリジナル作品。

更新日: 2018年05月30日

0 お気に入り 5069 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆日本を代表する女優に成長した綾瀬はるか

映画『海街dialy』で多くの賞を受賞、今年12月公開の映画『海賊とよばれた男』などの話題作にも出演する、日本を代表する女優・綾瀬はるか(31)。

日経エンタテインメント!では、2008年から年1回、「タレントパワーランキング」を発表している。女優のタレントパワーTOP30は、綾瀬はるかが4年連続1位。

認知度と関心度を基にしたランキング

3年かけて放送する超大作の新シリーズ『大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神』が、NHK総合で21日よりスタートする。主人公の女用心棒バルサ役で女優・綾瀬はるかが前シリーズに続いて主演。

◆コメディエンヌとしての才能も高く評価されている

『ハッピーフライト』(2008)

監督:矢口史靖
脚本:矢口史靖
出演:田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎

『ハッピーフライト』(2008年)でコメディエンヌ・綾瀬はるかを誕生させた。

映画「高台家の人々」(土方政人監督、東宝)では、名コメディエンヌの本領を発揮。妄想好きのいまいちパッとしない主人公を好演。

◆そんな綾瀬が主演する映画『今夜、ロマンス劇場で』

[映画ニュース] 綾瀬はるか&坂口健太郎が初共演!オリジナル恋愛映画「今夜、ロマンス劇場で」に主演 eiga.com/l/XYo9H pic.twitter.com/FwZU4EnX12

綾瀬はるかと坂口健太郎をW主演に迎えた映画『今夜、ロマンス劇場で』が、来年より公開されることが決定。

映画監督を夢見る青年の前に、長年あこがれ続けてきたスクリーンの中のお姫様が現れ、次第に引かれていくというストーリー。

過去『海街diary』、『高台家の人々』で同じ作品に出演するも共演シーンはなく、今作で初めて(画面内)共演を果たしている。

◆綾瀬と坂口にあて書きした完全オリジナル作品

オリジナル脚本を手掛けるのは、昨年大ヒットを記録した「信長協奏曲」をはじめとしたテレビドラマ、映画の脚本を手掛けるほか、「ガールズ・ステップ」「桜のような僕の恋人」を発表し小説家としても活躍する若き才能として業界から注目を集めている宇山佳佑。

正式なオファーの前から2人を想定して脚本があて書きされていたそうで、企画の稲葉直人氏は「まさに理想の組合せが実現した」と喜んでいる。

◆キャスティングは綾瀬や坂口のコメディーセンスが決め手

とと姉ちゃんで星野さんをしてた 坂口健太郎はどこへ、、、、、 pic.twitter.com/UXOk1JeStQ

朝ドラ『とと姉ちゃん』(2016)で坂口のコメディセンスは実証済み

「キャスティングについては、以前『ハッピーフライト』で綾瀬さんとご一緒して以来、コメディからシリアスまで幅のある演技ができる、女優としてとても魅力的な方だと思っていました。」

稲葉直人プロデューサーの言葉

相手役の青年はずっと探していたのですが、『ヒロイン失格』で坂口さんを見て「この人しかいない」と思いました。

稲葉直人プロデューサーの言葉
『ヒロイン失格』(2015)…桐谷美玲主演のラブコメディ

坂口さんもとても魅力的で、繊細な演技もさることながら、コメディのセンスがものすごくあると思います。

武内英樹監督の言葉

◆監督は『テルマエ』『のだめ』を大ヒットさせた武内監督

『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』(2009)

監督:武内英樹
脚本:衛藤凛
出演:上野樹里、玉木宏

監督は、『テルマエ・ロマエ』「のだめカンタービレ」シリーズを手掛けたヒットメーカー・武内英樹が務める。

「のだめカンタービレ」で世界のドラマの祭典“ソウルドラマアワード”において日本人として初めて最優秀監督賞を受賞した武内監督。

「物語前半の楽しい部分と後半の純粋なラブストーリー部分のギャップがしっかり出て立体的になり、見ている方もびっくりするような展開を味わうことができると思っています。」

武内英樹監督の言葉

1 2