この店のカツ丼は、ご覧のとおり卵でとじていない。一口カツ、目玉焼き、野菜で構成されている。三代目がカツを揚げている間に、四代目が生の玉ねぎ、下ゆでしたジャガイモと人参、グリンピースを割り下で煮る。そこに揚げたてのカツを浸して、ご飯の上へ。さらに焼きたての目玉焼き、野菜を重ねて完成だ。親子の連携プレーがなせる技。「喧嘩した時でも、コンビネーションだけはバッチリなんです(笑)」。味の決め手は、割り下に隠し味としてデミグラスを加えること。これにより、香りとコクがプラスされるという。

出典小春軒|日本橋のごはん|「日本橋ごよみ」のご紹介|まち日本橋

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東京下町の人気老舗洋食店!昔ながらの落ち着く雰囲気が人気✰

東京の下町にある昔ながらの洋食店。行けばどこか懐かしい雰囲気を味わえるそんな洋食店を紹介します!

このまとめを見る