1. まとめトップ

お祝いや就任・移転祝いに大活躍♡ラン科植物“胡蝶蘭”ってどんな花?

お祝いに欠かせない花として有名な花、“胡蝶蘭(コチョウラン)”についてまとめてみました♡

更新日: 2017年05月23日

1 お気に入り 927 view
お気に入り追加

●“胡蝶蘭”の名前の由来は「蝶が舞っているような姿」から

胡蝶蘭とは、東南アジアを中心に熱帯~亜熱帯に生息するランの仲間です。森林の背が高い木の枝や幹に根を張って生息しています。

蝶が宙を舞うような花姿から胡蝶蘭と名付けられ、縁起のよい花としてよくプレゼントされます。

バラの花束も綺麗だけどコチョウランってめっちゃ綺麗だね!!

お花の美しさに見とれて、お花屋さんの前で思わず立ち止まる というのをこの前初めて経験した(´Д` )笑 コチョウランがとても好き。綺麗だったなぁ。

●“胡蝶蘭”ってどんな花?

Q.形や色は?

上から2枚目ほどの広い葉の間から50cm~1mほどの長い花茎を出し、先端に花を10~30輪くらいつける。通常、一つの花は1ヵ月くらい花が咲き続ける。花茎全体では、2~3ヵ月間咲き続ける。花形や色のバリエーションは多い。

Q.シーズンは?

胡蝶蘭は一般的に一ヶ月以上花を楽しむことが出来ます。本来であれば2~3月に花が咲くのですが、温室などの利用により一年中花を楽しむことが出来ます。

Q.育てる時のコツは?

直射日光は好みません。原産地でも樹木のそばでひっそりと日陰に咲いています。南国育ちのため寒さや乾燥に弱いので育てるときは15度以上で適度な湿度を保つことが必要となります。

●就任祝い・移転祝いなどの贈り物の定番♡

綺麗なコチョウランだったなぁ もう売約済みだったけど 働いてお金貯まってからいつかばあちゃんに

そうえば今日お婆ちゃんにコチョウラン買っていったんだけどコチョウラン綺麗だった

ふおお職場にたくさんコチョウラン届いたー!!

きのう、コチョウラン届いた。毎年のように姉から母へ花が贈られてくるたんじょう日。 pic.twitter.com/e9ugl3hk3A

●ビジネスシーンでの贈り物には“胡蝶蘭”が当たり前みたいです♡

胡蝶蘭の見た目の豪華さに加えて、『幸せが飛んでくる』『純粋な愛』という明るい花言葉から贈りものによく用いられます。特に今後の発展を願うという意味で、会社の移転祝いや開業祝いで贈られることが多いです。

見た目に華やかで、年齢・性別を問わずに贈ることができるため、上司や取引先の人に贈っても喜ばれます。立て札によって相互のつながりをアピールできるというポイントも相まって、ビジネスのお祝いにぴったりです。

●昇進・移転祝いの美しい胡蝶蘭♡

今日は株主総会(・ω・) 役員の昇進に合わせて、朝から胡蝶蘭が届けられております

事務所のイケメンオジ様上司(独身)が昇進したお祝いで馬鹿でかい胡蝶蘭が届いたおかげで芸能事務所みたいになってる。アイドル育成するお仕事につきたい

会社移転のときに色々なところからもらった胡蝶蘭のラッピングの和紙。 ちょっとラッピングに和紙を使いたくなってこの間買ったこともあり、ふと目が行ったら結構素敵な色合いのがたくさん(*^^) 捨てるなら欲しいな…けどまあ汚れてそうだけど…(^^;

●“お祝いの花”としてピッタリの理由

1 2





ノーズフラワーさん