1. まとめトップ
  2. 雑学

アイドルの元祖...70年代に活躍した「新三人娘」がすごかった

1971年にレコードデビューを果たした小柳ルミ子・南沙織・天地真理の今は?

更新日: 2017年08月30日

6 お気に入り 29497 view
お気に入り追加

▼1971年の同時期にデビューした「新三人娘」

1971年4月に小柳ルミ子がワーナー・ブラザーズ・パイオニア (現・ワーナーミュージック・ジャパン)から「わたしの城下町」でデビュー。6月には南沙織がCBS・ソニーレコード (現・ソニー・ミュージックレーベルス)から「17才」でデビュー。10月には天地真理がCBS・ソニーレコードから「水色の恋」でデビューを果たした。デビューした時期が近かったことから、「新三人娘」と呼ばれるようになった。

ユニットというよりは、同期生のライバルの総称という傾向が強い。

その流れを受け継ぎ、70年代初めに山口百恵、桜田淳子、森昌子の「花の中三トリオ」がデビューする。

暇なので昔のアイドルのことでも呟こうかな。新三人娘(小柳ルミ子、天地真理、南沙織)から。三人娘って言っても、同時期にデビューして活躍したってだけで、タイプも歌の世界もバラバラ。なんか無理やりだなって当時から思った(^^; 

小柳ルミ子と南沙織に天地真理を加えて新三人娘って言われていたんだけど、全然しっくりこなかったな。シンシア(南)だけがふたつ年下だったし、他の二人はナベプロでライバル意識強かったと思うけど、シンシアはそんなのなかったんじゃないかなぁ。

アイドル元年は、1971年らしい。南沙織さん、小柳ルミ子さん、天地真理さんのデビューがこの年です。

▼"みんなの恋人"こと「小柳ルミ子」

1952年7月2日生、福岡県出身。
本名: 小柳留美子

1970年: NHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー
1971年:「わたしの城下町」で歌手デビュー
1972年:「瀬戸の花嫁」を発売
1983年: 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞
1989年: 俳優の大澄賢也と結婚
2000年: 離婚

□公式HP
http://flyingdash.jp/artist/rumiko.php

□ブログ
http://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/

NHK連続テレビ小説「虹」で女優としてデビュー後、1971年4月25日「わたしの城下町」で歌手デビュー。

1983年、まだアイドルの印象の強かった小柳ルミ子は映画出演2作目の『白蛇抄』で初のヌードを披露し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

小柳ルミ子って宝塚出身やったんや

宝塚音楽学校を首席で卒業したが、2ヶ月で宝塚歌劇団を退団した。

映画「白蛇抄」 小柳ルミ子さんが、 ヌード披露したこの作品 当時、世間が大びっくりした! 天地真理さんもヌード披露して、 結局、新三人娘で、 ヌードにならなかったのは 南沙織さんだけだよね。

小柳ルミ子、サッカー好きやったんか。しかも2000試合/年とかwwww

●デビュー曲は驚異の「12週連続1位」を獲得

1971年4月に発売されたデビュー曲「わたしの城下町」は約160万枚の大ヒットを記録し、オリコン年間シングルランキングで1位を獲得した。「第13回 日本レコード大賞」では最優秀新人賞を受賞し、「第2回 日本歌謡大賞」では放送音楽新人賞を受賞した。その年の「NHK 紅白歌合戦」にも初出場し、18年連続で出場した。

●代表曲「瀬戸の花嫁」は現在でも結婚式で歌われる

1972年4月に発売された4thシングル「瀬戸の花嫁」は現在でも結婚式の定番曲として知られている。「第3回 日本歌謡大賞」、「第14回 日本レコード大賞」で歌唱賞を受賞した。

JR四国の主に予讃線管内の駅(高松駅・坂出駅・宇多津駅・丸亀駅・多度津駅・観音寺駅・今治駅)、及びJR西日本の宇野駅・児島駅および岡山駅の瀬戸大橋線ホームにおいて、駅の列車発着時のメロディーに使用されている。

1972年4月10日発売
4thシングル「瀬戸の花嫁」
最高位: 1位
1972年度年間2位

【代表曲】
・わたしの城下町 (1971年)
・瀬戸の花嫁 (1972年)
・冬の駅 (1974年)
・お久しぶりね (1983年)

【代表作】
・NHK連続テレビ小説「虹」 (1970年)
・映画「誘拐報道」(1982年)
・映画「白蛇抄」(1983年)

1st「わたしの城下町」(1位)
2nd「お祭りの夜」(2位)
3rd「雪あかりの町」(5位)
4th「瀬戸の花嫁」(1位)
5th「京のにわか雨」(1位)
6th「漁火恋唄」(3位)
7th「春のおとずれ」(4位)
8th「恋にゆれて」(4位)
9th「十五夜の君」(8位)
10th「恋の雪別れ」(15位)
11th「花のようにひそやかに」(14位)
12th「ひとりしゃ囃子」(21位)
13th「冬の駅」(1位)
14th「黄昏の街」(12位)
15th「ひと雨くれば」(15位)
16th「花車」(20位)
17th「桜前線」(21位)
18th「恋岬」(19位)
19th「夾竹桃は赤い花」(77位)
20th「逢いたくて北国へ」(15位)
21st「思い出にだかれて」(41位)
22nd「星の砂」(2位)
23rd「湖の祈り」(18位)
24th「ひとり歩き」(29位)
25th「夢追い列車」(47位)
26th「泣きぬれてひとり旅」(30位)
27th「雨…」(34位)
28th「スペインの雨」(65位)
29th「恋ごころ」(100位)
30th「来夢来人」(22位)
31st「蛍火」(96位)
32nd「みだれ髪」(100位)
33rd「お久しぶりね」(8位)
34th「今さらジロー」(66位)
35th「乾杯!」(68位)
36th「やさしくして」(99位)

1 2





supernova4lmhさん

since 2016.01.22.
主にハロプロを中心に女性アイドルに関してまとめていきたいと思います。
最近はアイドル以外のこともまとめてます。