1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

KZ5さん

子供の写真を撮るのはなかなか難しい・・・

子供のもよるけど、 ちっちゃい子供の写真撮るのって ほんと難しいなぁ、、、 でも可愛いから良い瞬間を バッチリ残しておきたいのは 死ぬほどわかる〜〜〜 将来子供ができたら 運動会とか発表会で めちゃ張り切ってしまいそうだわ

子供が走り回るのを写真に撮るの結構むずい。予測があんまりできなくて、ファインダーの視野では追えないし、ポジションも取れない。 ポジションのほうが難しいか。自分も走らないといけない。

そんな子供の写真をうまくとる方法とは

猫目線で撮ってみる

もしこの撮り方が普段できていないならこれだけ気をつけるだけでも写真が3倍はステキになります。ホントに。
子供写真の鉄則は、子供の目線になって撮ること。大人目線で上から撮ると、なんだか観察的な写真になってしまったり、背景が地面になるので寂しく見えます。

いろいろな角度から写真を撮ってみる

写真に残したいシーンを見ると、つい正面から「パシャリ」と撮りがち。
おまけに一眼レフなどのカメラの場合は横の写真が多くなりますし、スマートフォン写真は縦ばかりになりがちですよね。どこで撮っても似たような写真になってしまいます。

ここで写真が撮りたい!と思ったら、撮影するママ・パパが、どしどし動き回るのがおススメ。

こっち向いてをやめる

写真を撮る際につい子どもに「こっちむいて」とか、「お写真撮るよ~」と声をかけてしまいがち。カメラ目線もかわいいですが、子どもは何気ない普段の行動や表情もかわいさバツグンですよね。

“いいシーン”と思ったら、「こっちむいて」などと声をかけずに、さっとカメラやスマートフォンを出してパシャッと撮ってみてください。ママがにっこり笑いながらシャッターを押していれば、子どもがびっくりしてしまうことも少ないと思います。

1