1. まとめトップ

5.13前後に博多で地震予兆のウワサ…真相と根拠にネットも反響

5月13日前後に九州近辺で大規模な地震が発生する噂が話題に…真相と根拠が気になります。ネットからは反響が広がっています。

更新日: 2017年05月12日

0 お気に入り 44893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

各地で報道される地震に関するニュース

最新では、中国 新疆ウイグル自治区で地震M5.5

この地震で少なくとも8人が死亡、23人が負傷し、180戸以上の家屋が倒壊したという。

At least 4 ppl dead after M5.5 quake hits Taxkorgan in northwest China's Xinjiang Thur morning: local hospital pic.twitter.com/WYS1BJrp89

国境に近い標高4000メートル余りの高地で、軍や武装警察が救助活動と被害状況の把握を急いでいます。

関連性は分かりませんが…カエル大移動、大地震の前兆デマ報道!?

マグニチュード7.3~8.0クラスの地震が2カ月以内に発生する可能性があるとする予報を出したとの情報が拡散していた。

2008年5月12日に四川大地震が発生したが、その数日前に震源地近くの綿陽市で数十万匹のヒキガエルが一斉移動する現象が目撃されていたと伝えられている。

そんな中で、日本でも気になる噂があります。

立命館大・歴史都市防災研究所の高橋学教授によると…

①それまで地震がほとんどなかったところでM2~4の地震が連続して発生。②約60日前後の静穏期。③M2~4程度の地震発生。④半日~3日後に巨大・大地震が発生。

高橋教授は、地震の場所・日時よりも規模の予測がいちばん難しいとしたうえで「M5~6以上の大地震がくる可能性が高い」とみている。

さらに、オカルト系から原因不明の情報も

1 2