1. まとめトップ

心温まるだけではなく感動して涙が出るエピソードも!!人の優しさを感じた瞬間とは?

野蛮で残忍な事件が増えている日本ですが、東日本大震災時などに見せた絆のように、心優しい人たちは他国よりも多くいると言える日本。見知らぬ人からの思わぬ親切、知人や友人からの気遣い、励ましなど人に優しくできる人が多くおり、その優しさに感謝する人が他の人に優しくするという好循環を生んでいるようです。

更新日: 2017年05月12日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 6342 view
お気に入り追加

■見知らぬ人からの思わぬ親切

『先日小学生の子供二人と赤ちゃんを連れてドーナツ屋さんに行った時のこと。
店内は長居してる女子高生たちが多くて席が空いてなくて、近くにある簡易的な椅子に子供たちを座らせて買ったドーナツを食べさせながら、私は赤ちゃんを立って抱っこし続けてました。

すると店内にいたオタクの子たちが「お母さん、どうぞ」と声をかけに来てくれた。そちらを見るとみんなまだドーナツ食べてるのに、私が赤ちゃんとゆったり座れるように自分達ははじっこにギュウギュウになってまで譲ってくれました。
申し訳なくて「大丈夫だから、みんなで座って」って言っても「赤ちゃんいるのに大変だから」と言ってくれたので、お言葉に甘えて座らせてもらいました。
食事が終わってる他の大人や女子高生は見て見ぬふりだったし、世の中そんなもんだと思ってたから本当に嬉しかったです。』

お金を落として

『高校生の時、親に頼まれて現金持って、コンビニに電話料金の振込に出かけました。
自転車で駅前通って5分の道のり。

着いたらポッケに入れてた現金がない。
携帯が流行りだした頃で、兄と私の分で4万円。
慌てて来た道を戻りながら探したけどなくて…。
親に「とにかく警察へ行ってこい。」って言われて、駅の交番で半べそで話をしたら、

「現金? 今から1時間以内? たたみ方は? どこに入れてたの?」って聞かれた。
そんなことまで書かなきゃいけないのかなぁ」と思ってたら、おまわりさんが私の顔をじっと見て
「・・・・親切な人がいて 良かったね。はい、届いてますよ。もう落とさないように。
拾い主さんは『きっと困ってこちらに来ると思うので、渡してあげてくださいね。』って言ってたよ。ちゃんとお礼に行ってきなさい。」
って言われて泣いてしまいました。

お礼のお金と菓子折りを持って行ったら、
「困ったときはお互い様なのよ。」と嬉しそうに話してくれたおばちゃん。
ちょっとナマイキになりかけてた私の人生まで変えてくれた気がする。ありがとう。』

息子と散歩から帰って来て、家の鍵を開けようとしたらポケットに入れてたはずの鍵がない

パニックになり散歩コースを戻ったけど見つからず。
旦那がちょうど出張中だったし、家に入れないとヤバイと更にアタフタに。
何周も同じ所をぐるぐる周ったけど結局見つからなくて、しかも子供が眠くてグズりだし、半べそになりながら横断歩道を渡ろうとしたとき、後ろから「あんたが探してるのはこの鍵かい?」という声がした。
振り替えると、スキンヘッドでグラサンかけた、色黒でちょい悪親父風な感じのおじさん。
「そうです!うちの鍵です!」と言ったら笑って「これだろ?今さっき見つけてさ、何か探してる素振りしてるあんたを見かけたから、もしかしてと思って。持ち主が見つかってよかったよかった。これで無事にお家に入れるね」と言ってくれた。
何回もお礼を言ったら「これから帰って昼飯かい?おい、坊主!母ちゃんにウマイ飯作ってもらえよ。またどっかで会ったら声かけてくれ」と去っていった。
見た目イカツイけど優しい人なんだなと思った。』

●頼んでいないのに料理が…

『事情があり叔父、叔母の家に私だけ居候してたとき、叔父がいない時に叔母が私をいじめてきてた。叔父には相談できずずっと我慢してたんだけど、その日は我慢しきれず中学校からの帰り際にファミレスに行った。お金が無くてドリンクバーだけ頼んだ。当時は携帯なんて持ってないし、何度も店内の公衆電話でお母さんに電話してた。多分泣いてたと思う…。

で、席に戻ったら、頼んでない料理が並んでた。疑問に思ってたら店員さんが「店内のお客様からです(笑顔)」といってメモを渡して来た。
(お腹空いてるだろう。君くらいの年頃だと何が好きなのかわからない嫌いな物だったら…ごめん。なんの悩みがあるかわからないが、こう言う時は腹を満たす事。いい案が浮かぶだろう。頑張れ!)

って書いてあって、また涙出てきた。辺りを見渡してみても店内はお客さんがいっぱいで、誰からかはわからなかった。お腹空いてたし遠慮なく食べたら 、またしばらくして、デザートが届いた。店員「お代は頂いてます(笑顔)」で、またメモ。
(笑顔が一番!頑張ってね!)
「誰からですか?」って聞いたら「もうお帰りになりました。」って。何を頑張ればいいかわからなかったけど、凄く嬉しかった!
その後、叔母さんにいじめられていた事を叔父さんやお母さんに言って、居候解消した。ますます貧乏になったけどお母さんと暮らせて嬉しかった。 』

私3歳だからどうぞ

『この前電車に乗ってたら、3歳の娘の前に赤ちゃんを抱っこしたママが来た。
私が譲ろうとすると「ママは座ってて!私3歳だからどーぞ」と譲っていました。
で、私の膝にのせようとしたら、隣の高校生が「俺は17才だからどーぞ♪」と。
その高校生の友達は大笑い。そして譲ってくれた子の荷物をもってあげて、なんかすごく心が暖まりました。』

■知っている人からの嬉しいお気遣い

『1週間前に2人目を出産し、先日退院。
今日10時過ぎ、ピンポンとチャイムが鳴ったので出たら隣に住む人が立ってた。
「こんにちは。どうしたんですかー?」って言ったら
「出産おめでとう!お疲れ様~!!ママ頑張ったね。産まれたって聞いたからさ、嬉しくて嬉しくて!落ち着いたら赤ちゃんの顔を見せてね。あとこれさ、よかったら使ってよ。消耗品だしあって困らないから」とお尻拭きを箱で渡された。
その気持ちが嬉しくて玄関先で泣いてしまった。
仲良くさせてもらってるだけでもありがたいのに、まさか店までわざわざ足運んで買って来てくれるなんて。
心温まった日だった。 』

『私が小学生の時。

水を張った田んぼに、1年生ぐらいの子がランドセルごと落ちて、泣いていた。
私の前を歩いていたクラスメイトの男の子が、自分もズボンまでドロドロにしながら、田んぼに入ってその子を助けてあげていた。

思い出すと、ほっこりする。』

『姉が超未熟児を出産した時のこと。
集中治療室の七夕の飾りには、お母さん達が書いた短冊がたくさんあって
どの短冊にも、「ここにいるみんなが健やかに成長しますように」って書いてたんだって。
自分の子のことでいっぱいなはずなのにね、みんな気持ちは同じだなって心強かったみたい。
そんな姉の子も無事に二年生になりました。みんなの願い、叶ってるといいな。 』

『小一の息子がそろばん教室に行っている途中に転んで怪我したらしく、絆創膏をたくさん貼って帰ってきた。すぐに先生にお礼の電話をしたら、「5年生のお姉ちゃん達が“私絆創膏持ってる!”“〇〇ちゃん強いね、もう大丈夫だよ!”って何人も進んで手当てしてくれて、〇〇ちゃんすぐに泣き止みましたよ!」と話してくれた。それくらいの子ってシャイでそんなことをするなんて思ってもいなかったので、すごく心温まりました。お姉ちゃん達ありがとう! 』

『同じマンションのお母さんが、「最近息子が反抗期で…」って悩んでた。けど今朝ばったり会って、妊婦の私がゴミ袋を2つ持ってたのを見て、「重い方貸して」って言って一緒に持って降りてくれたよ。自分も剣道の重い防具持ってたのに。「優しい息子さんですね」ってお母さんに伝えたら、すごく嬉しそうだった。 』

■満員電車での優しさ

満員電車で貧血でフラフラになってたら、後ろの男性がずっと倒れないようにリュックを引っ張っててくれました。そしたら前の女性が気づいて席を譲ってくれました。あのときは本当に助かりました。

■タクシードライバーの優しさ

流産確定を宣告され 我慢しきれずタクシーの中で 泣いてしまった時、運転手さんが理由も聞かず 飴を出してくれたり

「もう時間外だから運賃いらないよ」って 優しくしてくれました。

いや、払わない訳にはいかない!と言うと それでウマイもん食って元気出せと 励ましてくれました。 ホントありがたかったです。

気が動転してたからタクシー会社も 運転手さんの名前も覚えていなく いつかお礼を言いたいとずっと思っています。

■電車での席の譲り合い

妊娠中に乗っていた電車が天候悪化で長時間止まってしまった時、隣に立っていたお兄さんが、前に座っている方に「あと一人座れそうなので席を詰めてください」と言って下さいました。

たくさんの方が席を譲って下さったり、子供が生まれてからはベビーカーを一緒に運んで下さったりと本当に助けられました。

やってもらって当然とは絶対に思わず、常に感謝の気持ちを忘れずに、自分も当たり前に人助けができる人間でありたいです。子供にもそう教えます。

■心強い言葉に励まされ

自律神経を乱してしまい 電車に乗ったり会議に出るたび 頭痛と吐き気、動悸、全身の震えで 辛くてたまりませんでした

もう会社を辞めるしかないのかと ものすごく悩みましたが、思いきって話してみたら
「もし電車のなかで辛くなったら降りていい」
「会議中に辛くなったらいつでも抜けていい」

そんな心強い言葉をもらい気持ちが楽になりました

会社以外の身近な方々も理解してもらえ、
つらいときは、正直に申告しています。
(前は急な体調不良が怖くて人と会えませんでした)

周りに助けを求めるとこは大事なことだなぁと 実感しつつ、本当に感謝してます。
逆にその人たちが、辛い状況になったら 自分にできることを精一杯やろうと思ってます。

1 2





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど