1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

現役アイドルが心配?AKB卒業から1年が過ぎた高橋みなみの思いとは?

元AKB48の高橋みなみさんが後輩や現役アイドルを心配し、第2の人生についての持論を語っています。

更新日: 2017年05月12日

stoneflowerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 198046 view
お気に入り追加

▼昨年4月、惜しまれつつAKB48を卒業した高橋みなみ。

高橋は07年からAKBの実質的なリーダーとして君臨し、
12年にはAKBグループ総監督という役職にまでついていた。

10年4ヶ月、3775日在籍したグループの活動に終止符を打った。

▼「卒業後は歌手になりたい」と公言。

▼けれど、歌手の道の現実はなかなか厳しい…。

今後、ソロ歌手として歌っていくうえで恋愛経験が必要という高橋

「ソロで活動を始めて1年が経ってもうすぐ2年目。今後、芸能界のポジションというかどこを目指したらいいのか」と悩みを打ち明けた

▼それでも、タレント業・MC業、お笑いの仕事などは順調な様子。

都内の映画館で行われたヒット映画「ラ・ラ・ランド」の、
初の「発声上映」を記念したトークショーに出席した。

高橋は音楽をやりたい意向を明らかにしていたが、“総監督”としてAKBを仕切ってきた統率力やトーク力はどこでも通用するもの。

▼そんな高橋さんがラジオで語ったことがちょっとした話題に。

「お仕事でいろんなアイドルの人に会うと、『この人は最終的にどこにいくんだろう』っていうのは思うの。お姉さんからすると」と切り出した高橋。

業界で生き残るためには「自分は外に出たときに何が役立つのか(何が)強いのかっていうのを、グループにいる間にどれだけ伸ばしていくのかは“第2の人生”にすごく必要なことだと思う」と持論を展開

▼実際、AKBを卒業したメンバーが卒業後の苦悩を告白する場面も。

1 2





stoneflowerさん