ヤマト運輸と連携し、4月から全国一律料金の配送サービス「らくらくメルカリ便」を開始したフリマアプリ「メルカリ」。サービスを提供するメルカリは9月10日、そのらくらくメルカリ便において、出品者、購入者が互いの住所や氏名を相手に伝えることなく商品を送付できる匿名配送機能を提供することをTechCrunchに明かした。

今回の匿名配送機能を利用する際も出品者のとるフローは同じだが、ネコピットで印刷される送り状は宛先欄・送付欄が空白のままになる。もちろんただ空白のままではヤマト運輸のドライバーが配送できないのだが、バックグラウンドでメルカリのデータベースとヤマト運輸のデータベースが連携しており、商品にはそれぞれドライバーだけが閲覧できるデータが紙で添付されるが、ドライバー以外が送付先の住所などの個人情報を知ることはないという。

出典フリマアプリ「メルカリ」で匿名配送が可能に——配送事故や模倣品の補償プログラムも発表 | TechCrunch Japan

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

メルカリ人気の秘密と様々なトラブル

近年、フリマアプリのメルカリの利用者が急増しています。メルカリが短期間で勢力を拡大出来た理由、そして売買にまつわるトラブルなどについてまとめました。

このまとめを見る