メルカリのIPO時の時価総額は1000億円を超えるとの予測もあります。そのためメルカリの上場市場は、いきなり東証一部ではないか?という楽観シナリオな口コミも増えています。2016年にはLINEがいきなり東証一部に上場したように、近年は創業後間もないIT企業でも、マザーズではなくいきなり東証一部に認可される可能性も出ています。東証一部に入ると、TOPIX(東証株価指数)に連動する投資信託やETFが強制的に買い付けせざるを得なくなるので、株価の底支えが手厚くなります。従ってどの市場に上場するのかは、株価の予測には極めて重要なので、注意すべきポイントです。

出典メルカリのIPO(新規上場)〜予想株価や株主優待

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

メルカリ人気の秘密と様々なトラブル

近年、フリマアプリのメルカリの利用者が急増しています。メルカリが短期間で勢力を拡大出来た理由、そして売買にまつわるトラブルなどについてまとめました。

このまとめを見る