1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「室温28度」は不快!?…クールビズの設定温度に色々な声が出ている

11日に官邸で開かれた副大臣会議で、夏の軽装政策「クールビズ」をめぐり、冷房使用時の室温設定の見直しが議論になった。

更新日: 2017年05月14日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 79660 view
お気に入り追加

○小池百合子都知事が発案した「クールビズ」

冷房時の室温28℃で快適に過ごすライフスタイル「クールビズ」。

クールビズは、温室効果ガス削減へ、当時環境相だった小池百合子都知事が発案。

○「クールビズ室温28度」室温設定の見直しが議論になった

11日に官邸で開かれた副大臣会議で、夏の軽装政策「クールビズ」をめぐり、冷房使用時の室温設定の見直しが議論になった。

クールビズを推進する環境省の関芳弘副大臣が、「28度は不快な温度との声があった」として、対応を検討する意向を表明。

出席者によると、盛山正仁法務副大臣が「(クールビズの)温度設定について、働きやすさの観点から科学的に検討してはどうか」と、二八度の設定に異論を唱えた。

○「クールビズ」の設定温度について根拠を説明

山本公一環境相は12日の閣議後の記者会見で、地球温暖化防止のため職場で軽装を促す「クールビズ」の設定温度について「(室温)28度には根拠がある」と述べた。

導入時に環境省の担当課長だった盛山正仁法務副大臣が「何となく28度という目安でスタートした」と発言したが否定した形だ。

設定温度について「28度には根拠がある。(クールビズを始めた2005年)当時のオフィスの室温が平均26度で、ネクタイを外せば体感温度は2度違うことを含め数字が出た」と述べた。

○研究結果を基にしていると説明

クールビズを始めた当時のオフィスの室温が平均26度で、ネクタイの有無で体感温度が2度変わるとの研究結果を基にしていると説明。

その上で、「ああいう会合に出ている方にはぜひ、(クールビズを)意識してもらいたい」とくぎを刺した。

○菅義偉官房長官もコメント

菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「皆さんが過ごしやすい温度でいいのではないか」と述べ、温度設定は柔軟に対応するのが望ましいとの考えを示した。

山本環境相は「クールビズを進めることで省エネにつなげるのが大目的だ」と強調。

関氏も国会答弁では「職場環境や働く人の体調に応じて、適切に対応してほしいとの趣旨だった」と述べ、28度を直ちに見直す考えは否定した。

○このニュースはネットでも話題になっています

室温を28度にしてくれか。除湿して28度なら割と快適な気がする

そうですよねー。25度こえたら夏日なのに、室温28度が適温はないよなぁ・・・暑くてイライラするね。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。