1. まとめトップ

今、利用者が増えてきている話題の医療用ウィッグとは?

ファッション、テレビ番組、医療用と幅広く目にする機会が多いウィッグ(カツラ)。このまとめでは今、利用者が増えてきている医療用ウィッグについて調べてみました。

更新日: 2017年05月25日

1 お気に入り 857 view
お気に入り追加

医療用ウィッグとは ~普通のカツラと何が違うの?~

まず、医療用ウィッグと言ってもウィッグであるという根本的な部分は同じです。
しかしながら、病気などで脱毛してしまい、頭皮を守るという目的の為に作られたものが医療用ウィッグです。
頭皮への負担を考えた素材を使用する、通気性を良くするなど、目的の違いが一番の大きなポイントと言えます。

①ウィッグという根本的な部分は同じ。

②頭皮を守る為に作られている。

③目的が違う。

医療用ウィッグの種類 ~どんなものがあるの?~

医療用ウィッグは大きく分けて3種類あると言われています。
以下にその3つをあげてみました。

人工毛

人工毛は大量生産出来る為、価格も安く手にすることが出来ます。その反面、熱や摩擦に弱いとも言われています。
また、良いものになると耐熱加工が施されており、熱して形をつけて冷ますことでカールをつけられる素材もあります。

人毛

人毛はその名の通り人間の毛を使用している為、質感が自然でありパーマなどが出来ますが、髪色が退色しやすいと言われています。

MIX毛

MIX毛は人口毛と人毛が合わさったものです。その特長としてはお手入れが簡単です。ただパーマなどは一般的に出来ないと言われています。

既製品やオーダーメイド ~それぞれの特徴は?~

上では髪質の種類に関して説明しましたが、形などは一体どういったものがあるのでしょうか?
以下におおまかにあげてみました。

① 完全オーダーメイド

全てを一から作り、世界に一つ自分の為だけの完全オーダー。仕上がりまで約30日ほどかかると言われています。

② セミオーダーメイド

ある程度の形が出来ている状態から要望にあわせて調整するセミオーダー。即日~7日ほどかかると言われています。

③ ピンポイント

分け目やつむじ、傷や円形脱毛など気になる部分の使用目的に合わせてピンポイントにオーダーメイド。白髪のカバーにも有効で即日~7日ほどかかると言われています。

④ 既製品

既に出来上がっているものになります。オーダーメイドよりも低価格で即日から手にする事が出来るという特長があります。

目的に合わせた選び方、探し方 ~利用者達の声~

医療用ウィッグの注意点 ~何か注意点はあるの?~

医療用ウィッグを使用する際に注意しなければならないことや、お手入れ方法を以下にあげてみました。

インナーキャップは清潔にすること!

インナーキャップは頭皮に直接触れる部分であり、清潔に保たなければ菌が繁殖してしまいます。
清潔に保つことが頭皮への負担を少なくします。

毛髪の部分もしっかりとお手入れすること!

毛髪の部分のお手入れを疎かにすると傷んでしまいます。

ブラッシングはこまめに!

毛髪は繊細ですので絡まったまま放置をする、また汚いままにしておくと傷んでしまいます。
こまめにブラッシングをして手入れを怠らない様にしましょう。

最後に ~まとめ~

1 2





カミナリポイさん