1. まとめトップ

「尾曲がり猫」長崎に生息している8割の猫は尻尾が曲がっているらしい

長崎は尻尾の曲がった猫ちゃん「尾曲がり猫」の聖地と言ってもいいでしょう。今回はなぜ長崎には「尾曲がり猫」が多いのか、ルーツを探りつつその理由に迫ります!

更新日: 2018年05月21日

0 お気に入り 1004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ygmrkさん

まずは長崎に居る野良猫さんをご覧ください

@nekokamasu 長崎 尾曲がり猫です。茶トラ1号みたいな子 たくさんいます。 pic.twitter.com/mvngGhmNcz

やっぱり曲がっている。

長崎にいるなんと8割の猫が「尾曲がり猫」

現在、九州の長崎県では、約80%の割合で尾曲がり猫がいるということです。
長崎では尾曲がり猫を当たり前のようにたくさん見かけます。ここに古くから住んでいる方々は、猫のしっぽは曲がっているのが普通だと思っているそうですよ。

どうして長崎には「尾曲がり猫」が多いのか

まずはそのルーツ、原産地を探ります。

尾曲がり猫は、インドネシアやマレーシア周辺など東南アジアや中国南部の地域が主に原産地ではないかと考えられています。

「尾曲がり猫」を連れてきたのは東インド貿易会社

江戸時代の鎖国中の長崎はオランダ貿易の拠点でした。船は貿易を担っていた東インド会社はアジアの支店(当時インドネシアにあった)を経由して日本に来ていました。

東インド会社は、ネズミ捕りをする猫を現地から船に乗せ長崎の港に訪れ、その猫がいつの間にか長崎に居ついた可能性が高いと考えられます。

長崎には「尾曲がり猫」がトレードマークの雑貨のお店がある

雑貨屋さんで「尾曲がり猫」のグッズも売ってる

尾曲がり猫の雑貨屋さんに行ったんだけど、他人とは思えないネコの缶バッヂを見つけたので… pic.twitter.com/mIzXxrkCPQ

長崎では「尾曲がり猫」が描かれた路面電車が走る!

@yokoomikko 可愛いよね♡尾曲がり猫ちゃん!白猫は立ってて黒猫は座ってるのを描いてあるのが凝ってる!と思うヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ pic.twitter.com/ukn19HMnpn

関連まとめ

1