1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

キンコン 西野だけじゃない...「スタッフの辛い仕打ち」を受けた芸能人は意外と多かった

番組スタッフにブチ切れして帰ったことを告白したキングコング 西野亮廣。実はスタッフに辛い仕打ちを受けていた芸能人は多いみたいです。

更新日: 2017年05月12日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 72268 view
お気に入り追加

先日、キングコング 西野亮廣が番組スタッフにブチ切れして帰ったことを告白した

ディレクターからの度重なる失礼な質問に腹を立て、インタビュー収録を途中退席したとブログで告白

ディレクターから「お高くとまってんスカぁ?」などと聞かれ、西野は「信頼関係のないイジリはイジメ」などとつづり批判していた

番組プロデューサーからは、東京まで謝罪に行くと言われたそうだが、気持ちだけ受け取り断ったという

▼西野だけじゃない?スタッフに辛い仕打ちを受けていた芸能人

明石家さんま

これまでの人生の中で、一番嫌いな人の名前を発表することになった。さんまさんは、自分のことを「さんま」と分かっているのに、「いわし」と呼び続けた元日本テレビプロデューサーだと語った

そのプロデューサーに「さんまです」と間違いを正すも、そのプロデューサーは「そうそう、それでね、“いわし君”」と、徹底して「いわし君」と言われ続けたそうだ

2年後にさんまが東京でも売れてきた頃、そのプロデューサーの態度は豹変。テレビ局の廊下で会った際に「さんまちゃーん」と手を振りながら近付いきて、抱き付かれたというのだ

星野源

ラジオ局であるディレクターとすれ違ったときのことを話し出す。そのとき星野と一緒にいたレコード会社の営業が「星野源です。良かったら番組(出演)お願いします」と挨拶をする

ディレクターは「ちょうど番組のジングル募集してるから、応募してみれば?」と、明らかに見下した態度で反応してきたという

「この野郎…バカにしやがって」と腹を立て、誰にも言わずに偽名でジングルに応募したという。そして実際に、星野のジングルが採用されたということだった

カズレーザー

ヒルナンデスありがとうございました❗綾野剛さんと二階堂ふみちゃん!素敵でした❗ pic.twitter.com/jmTto1R54Q

ネタが始まった瞬間下向いて、終わったら“こんなネタやってもウケないでしょ”と言われた

なんなんすか。お前の番組から面白いやつ1人も出てねぇじゃねぇか”と言い返した

岡村隆史

カメラマンからおもしろい動きを要求されてしまい、岡村は何とか「パーッみたいな」ポーズをとったらしい。ところがカメラマンから「なんだよそれ。面白くねえな!」

「27時間テレビ」(フジテレビ系)の会見で記者から「真面目にやって下さい。記事が書けない」と責められた

蛍原徹

スタジオで驚きと笑いの声が上がる中、蛍原は「それはショックでした。やっぱり僕いつも面白くないんやって」と振り返る

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する