1. まとめトップ

【5号機】輝かしき11年の歴史 第二部

奈落とV字回復を繰り返す中で日々成長をしていく5号機をまとめた記事、第2部です。

更新日: 2017年05月13日

0 お気に入り 44803 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2006年9月~

とにかく軽い!二種BBONLYタイプの登場…!

設定1でも破格のボーナス確率1/163!
目押しをしなくても必ず7を揃えることができる為
どんな押し順でも誰が押しても必ず7が揃えられる。

ボーナスの鍵を握るのはリプレイの連続成立。
中でも赤リプレイはボーナス信頼度がアップ。
さらにリール窓をハイビスカスが埋め尽くす
"オールフラワー"

ボーナス信頼度は驚愕の75%であった。

設定1でもボナ確率ブッチギリの1/128!
しかしパンクするボーナスを搭載していた。

ボーナスは最大で20G継続するが、
この間に成立するSINが成立してしまうと
ボーナスが終了してしまう。(約1/25)

運悪く1G目にSINを引いてしまうと11枚で終了、
20G完走すれば純増は220枚にもなる。
完走率は約46%。荒いゲーム性となっていた。

一種二種BBを混ぜた結果バランスが取れたタイプへと変貌

4号機の頃から老若男女愛されるノーマル機の王道。
高いボーナス確率で数珠連を楽しむ一台。
約312枚のBBと約104枚のREGを搭載し、
左下の告知ランプが光れば当りという
とってもシンプルな一発告知機である。

なんと販売台数は20万台を超えた。

リプレイとボーナスの重複率が高く、
更にボーナス成立後はリプレイ確率が上昇する。
とどのつまりリプレイが3連…4連…ベル挟んで…
告知!のように"これ入ってるんじゃね…?"と
ドキドキしてしまうシンプルな逸品でした。

リプ自力4連、あぁ無常。

【余談】2011年3月導入
アクビの記事を書いていたらコイツが頭に…
リプ4連で無限RT付のノーマルタイプでした。

謎のリプ連…リプ連
あぁ別の機種だったら…が殆ど無い台でした。

新たなゲーム性と希望のハイスペックの生誕

万枚も見える機種。なんと出率118%越え。
しっかり取れるボーナスと
ボンバーマンビクトリーで搭載されていた
リプパン外しでコインを増やすハイスペック機。

出目の綺麗さ共に一級品であり、
あっさりしたボナ告知も魅力。

様々な事が噛み合った結果ホールの一躍人気者に。
中押しで様々なフラグを判別できたので
攻略している感も十二分にあった。

ドハマりした思い出が深い

ボーナス成立後はリプ確率が上がる事に着眼点を置き、
まさかのボーナスをわざと揃えさせない事で
出玉を生む斬新なシステムであった。

ARTは継続率を持っており最大95%ループ。
継続抽選に漏れた所でボーナスを揃えて
通常時に戻るシステムとなっていた。

中押しで中段に赤7停止時や、ポイント獲得抽選。
ストーリーも面白く、
液晶を見るあまりパンクした人もいるはず。

今機種はBIGREGに加え、ボーナス終了後に突入するART
「戦国RUSH」を搭載していた。

戦国RUSHは3つのキャラクターをボーナス前に選択でき、
各キャラクターによって性能が異なる。
※色押し入賞orパンク回避というバリバリの技術介入機。
そして次回ボナまでメダルが増えていく無限ARTが存在。

REG中の敗北時は織田信長が何か言っているのだが
"ニワカ乙"と聞こえる

貴方は真田派?私は慶次派

戻るボタンか下記リンクでお戻りください。

1