1. まとめトップ

ネッシーの新たな目撃映像が話題に!撮影者の他に目撃者

スコットランドのネス湖に住むとされるネッシー。20世紀を代表する未確認動物(UMA)で、その名は世界中に知られているが、“新たな動画”だという映像が先日、YouTubeに投稿された。

更新日: 2018年01月17日

2 お気に入り 42045 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Doragonflyさん

イギリスのテムズ川で、背びれを持つ巨大生物のような影が撮影された。

英ロンドン・グリニッジを走るケーブルカーに乗っていた乗客が、テムズ川を泳ぐ巨大な影を動画で撮影することに成功した。水中を移動する謎の影は、わずかな時間ではあるが水面近くまで浮上したという

謎の生物は水面から2つの背びれのような突起を覗かせており、その体長は約40~60フィート(約12~18メートル)と推定されるというのだ。

もし本当に巨大生物だとすれば、1867年にチリ沿岸から1,200マイル(約1931キロメートル)ほど離れた場所でエンリコ・ヒルヤー・ジリョーリが発見した、約60フィート(約18メートル)の“クジラらしき海洋生物”以来の確認情報となる

ネッシーかグエムルか? テムズ川で謎の巨大生物らしき影|Abema TIMES abematimes.com/posts/925209 #AbemaTV

ネッシーかグエムルか? テムズ川で謎の巨大生物らしき影|Abema TIMES abematimes.com/posts/925209 こういうのとか早く真相教えて欲しい

この黒い影に対し「巨大な潜水艦だろう」という見もあるようだが、これほどのサイズの潜水艦を製造するには巨額の費用がかかる。

技術的にも容易なことではないため個人での所有は難しく、あまり現実的ではないだろう。国が所有する潜水艦だとしても、1基のみで不定期に使用されることがあり得るだろうか?

ネッシーの新たな目撃映像がネットで公開され、話題を呼んでいる。

5月7日に撮影されたとされるその動画には、周囲の驚きの声も入っていることから、撮影した人物だけでなく、ほかにも目撃者がいたと思われている。

モナークがアップを始めたようです --- ネッシーの新たな目撃映像が話題に mixi.at/a8hBGTD

皆さんすごく落ち着いてる〜。私だったら大はしゃぎだけどなぁ ネッシーの新たな目撃映像が話題に | Narinari.com narinari.com/Nd/20170543771… @narinari1999さんから

興味深い映像だけどガセっぽい。ネッシーと思しきものが動いてるのに水面にその航跡らしいものが見受けられないのが一つ。 ネッシーの新たな目撃映像が話題に | Narinari.com narinari.com/Nd/20170543771…

スコットランドのネス湖に住むとされるネッシー。20世紀を代表する未確認動物(UMA)で、その名は世界中に知られているが、“新たな動画”だという映像が先日、YouTubeに投稿された

動画では、ネッシーが湖から頭部を出し、頭と長い首を浮き沈みさせながら進む様子がわかる。しかし、近くを通り過ぎるボートは、その様子に一切気付いていないようだ。

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。

記録として残されている最古の記録は西暦565年、アイルランド出身の聖職者コルンバの生涯に関する伝記中で言及された、ネッシーの発見報告である

特に1933年以降、ネス湖で多くの目撃例が報告され、写真や映像が公表されてきた未確認動物。

「ネッシー(Nessie)」の通称は世界的に使われるが、日本においては特にこの名が浸透している。

科学の進歩で謎や不思議の少なくなった20世紀において、未確認飛行物体と並ぶ最大級のミステリーとして語られてきた。

目撃談や写真に捉えられた形状から、恐竜時代に栄えた大型水棲爬虫類である首長竜プレシオサウルスの生き残り、あるいは世代を経て進化した姿という説が、古くから最も知られている。

UMA(未確認生物)に詳しくない人でも、ネッシーの名前を知らないという人は少ないのではないでしょうか?ネッシーはイギリス、スコットランドのネス湖で目撃されている水生型のUMAです。

ネッシーは20世紀最大のミステリーのひとつとして世界で最も有名な未確認生物といわれています。

ネッシーの目撃例として最も古い情報はなんと1450年前、西暦565年頃になります。目撃したのはアイルランド出身の聖職者コルンバという人物。

彼は1450年前、キリスト教の布教活動として訪れたネス湖で恐ろしい大きな怪物を目撃しました。コルンバが怪物の前で祈りを捧げるとその大きな何かは水の中に姿を消したといいます。

1933年5月、ネス湖でホテルを経営するドナルディナ・マッケイ夫妻がネス湖で動く大きな怪物を目撃しました。彼らは新しい道路を散歩していた際にこの怪物を撮影しました。

この出来事以降、ネス湖周辺で怪物を見たという話は尽きません。1933年以降、ネス湖近くの道路が整備され交通量が増えるとネッシーの目撃情報が飛躍的に増加します。

1933年の11月、会社員のヒュー・グレイがネッシーに遭遇、その姿を撮影しました。

写真はマッケイ夫妻より先に世に出たため、長らくネッシーを撮影した最古の写真として知られていました。彼は相次ぐネッシー目撃情報からネッシーのファンになり、その姿をカメラに収めるためネス湖周辺を歩き回っていたそうです。この写真のネッシーは体長が12メートルを超えていたとヒュー氏は証言しています。

1934年、外科医のロバート・ケネス・ウィルソンが世界でも最も有名になるネッシーの写真を撮影しました。

1 2 3