1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

そう言えば「イスラム国」はその後どうなったのか

後藤健二さんが殺害されてから2年が経過しました。「イスラム国」はその後どうなったのでしょうか…。

更新日: 2017年05月14日

2 お気に入り 17499 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・一時期ほどは日本で話題になっていないイスラム国

IS(イスラム国)により後藤さんが残酷にも殺害されてしまってからおよそ2年が経過する。

この事件は、現在も終わらない一連のイスラム国と欧米諸国の交戦に於いて、アメリカ人、イギリス人以外の初の犠牲者だった。

今、世界で何が起こっているのか。そして、私たちにできることは何か、考え続けていきたい。

▼今現在、どういう情勢になっているのか

・最大拠点としてきたモスルは制圧されつつある

イラクでイスラム国が最大拠点としてきたモスルに対する奪還作戦が開始されたのが、2016年10月17日。

2017年1月25日には、モスルの東岸からイスラム国戦闘員を完全に駆逐したと、イラク政府が発表

ISは住民を人間の盾に抵抗しているが、イラク軍によるモスルの奪還は近いとみられている。

・もう一つのIS主要拠点「ラッカ」は?

シリアのクルド人勢力を主体とする部隊「シリア民主軍」は10日、「イスラム国」の拠点だったシリア北部のタブカを完全に制圧したと発表

タブカはISが首都とする北部ラッカの西約50キロにあり、ラッカ奪還への戦略的要衝。

シリアのクルド人勢力をめぐっては、アメリカ政府が9日、「イスラム国」との戦いで大きな役割を果たしているとして、武器を供与すると発表。

・最近、幹部を殺害したという報道も

アフガンと米軍との合同作戦によって殺害

過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガニスタンのトップであるアブドル・ハシブ幹部がアフガンと米軍との合同作戦によって殺害された。

アブドル・ハシブは?

米軍のドローン攻撃により死亡した前任者の後を継いで、昨年ISの現地組織「イスラム国コラサン」(ISIS-K)の指導者に就任

合同作戦は4月27日、東部ナンガルハル州でアフガンと米軍の特殊部隊によって実施された。

・しかし全体を見るとまだまだ猛威を奮っていると言える

残り2都市となったIS主要拠点への攻勢が強まる中、同組織による襲撃が相次いでいる。

シリア北東部ハサカ県のイラク国境付近の村で2日、過激派組織「イスラム国」(IS)の襲撃

1 2