1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

フジ月9にNHK大河も!?2017年春ドラマで低視聴率が連発してた

数多くの作品が毎クール放送されるテレビドラマ。が、2017年春のドラマでは、低視聴率を記録する作品が多く出ているよう。月9の「人は見た目が100パーセント」からNHK大河の「おんな城主 直虎」まで、最近、程視聴率が伝えられたドラマをまとめました。

更新日: 2017年05月15日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 56850 view
お気に入り追加

・数多くの作品が毎クール放送されるテレビドラマ

日本では、一日を通してテレビドラマが放映されている。中でも、午後8時から10時台に放送されるテレビドラマは視聴率が高く、予算も高額で、他の時間帯に比べ質も高いとされる

・が、2017年春のドラマでは、低視聴率を記録する作品が多く出ているよう

▼「人は見た目が100パーセント」

桐谷美玲の主演ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)が、今期(2017年春)ドラマ最低単話視聴率を記録した

同ドラマは、化粧品会社に勤務する女性研究員・城之内純(桐谷美玲)と、その同僚・前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)が、“女子力ゼロのさえない自分”から脱却するために流行のメイクやファッションなど、「美の特別研究」に取り組んでいくというストーリー

初回9.5%でスタートした同ドラマだが、第2話で3.1ポイント急落の6.4%。第3話6.0%、第4話で同ドラマ最低記録となる5.5%まで落ち込んだ

民放ゴールデンドラマの中では、いち早く1ケタ視聴率を記録してしまった今回の桐谷主演ドラマ。今後、視聴率を盛り返し、無事最終回を迎えることができればいいのだが

▼「貴族探偵」

嵐・相葉雅紀主演の月9テレビドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)の視聴率が低迷している

1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く

初回は11.8%で、「月9」初回としては昨年7月期「好きな人がいること」(10.1%)以来、3クールぶりの2桁スタート。第2話は8.3%と急落したが、第3話で0.8ポイント上昇し、9.1%。第4話は微減の8.9%となり、2桁復帰はならなかった

しかし第4話は、視聴率8.9%と、2ケタ獲得とはならなかった。今回のラブコメ展開が視聴率にどう影響を与えるのか、5月15日放送の第5話に注目したいところ

▼「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

観月ありさ主演の連続ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジテレビ系)は初回から平均視聴率が6%前後の推移で苦戦を強いられている

同作は、骨を愛する“ドS”標本士・九条櫻子(観月)が、骨の状態から殺人事件を解決する一話完結の推理ドラマ。原作は、大人気推理小説シリーズで、過去にはアニメ化も。また、観月にとって“テレビドラマ主演女優連年記録”において26年目の作品

一方「数字は必ず上向くと思う」と制作関係者は強気の姿勢を崩さない。観月ありさはこれまで、主演したドラマで視聴率が2桁が確実と言われてきたためだ。最終的な視聴率に注目したい

▼「母になる」

沢尻エリカが主演を務める「母になる」(日本テレビ系)も、視聴率低下に歯止めがきかず、今後もとんでもない数字をたたき出しそうな勢い

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。