1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

こんなの欲しかった!「落とし物発見器」が人気爆発らしい

落としたら困るもの(車のキーや財布など)に付けておくことにより、スマホからすぐに検索して発見することができる落し物発見器が人気爆発らしいです。

更新日: 2017年05月15日

273 お気に入り 109519 view
お気に入り追加

■落し物発見器って何?

スマホと連携することで、Bluetoothを経由してブザーを鳴らしたり、スマホのGPS機能を活用して位置情報を記録できる機能がある。

Bluetoothでスマホがタグを認識している間はスマホのGPSなどで位置情報を定期的に記録し、タグがスマホのBluetooth範囲外に出てしまうと、その旨がスマホに通知される。

Bluetooth範囲外に出てしまった場所は確認できますが、GPS機能によって追跡することはできないようです。

自分のMAMORIOを紛失した場合には、別のMAMORIOユーザーのスマホから位置情報を取得できる「みんなで探す(クラウドトラッキング)」機能が利用できる。

Bluetooth範囲外であっても、他社のスマホ(同アプリをインストールしている必要がある)から追跡できる機能があります。

交通機関の紛失物センターなどに専用アンテナを設置し、MAMORIOの付いた落とし物を発見できる「MAMORIO Spot」の拡大を進めている。

アマゾンでは、国内外のスタートアップ・ベンチャー企業の革新的な製品をピックアップする「Amazon Launchpad」内の売れ筋ランキングで1位を獲得

いざというときのため、近年急速に普及している「落とし物/忘れ物防止タグ」

■色々な使い方ができる

スマホカメラのリモコンとして利用すれば、集合写真を撮るときなどに便利

スマホのシャッターを切る機能なども搭載されているものもあるようです。

スマホを鳴らす機能とスマホカメラのシャッター代わりになる機能が利用できる。ボタン設定はアプリで行え、「1回押し」「2回押し」「長押し」の3パターンで設定可能だ。

子どものバッグなどに取り付けておけば、迷子になったときでも安心だ

テーマパークや大型ショッピングモールの広い駐車場でも、GPS表示ですぐに愛車を見つけやすくなります

駐輪場での自転車探しや、災害時などに備えてペットなどの首輪につけてる方も多い

空港のベルトコンベアから流れてくる大量の荷物の中、自分のスーツケースが近づいたらアラートでお知らせ、なんて使い方が便利そうです

スマートフォンとタグが通信し、タグがどこにあるか見つけたり、タグのブザーを鳴らしたりできる仕組み。逆にタグのボタンを押すことでスマートフォンを鳴らすこともできる

鍵束、雨傘、バッグ、スーツケースなどなくしたくないものに装着しておけば、どこかに紛失したときにスマートフォンから見つけられる。

対応機能は今後も拡張していくそうなので、「鍵、どこへやった?」「スマホがない!」など、日常生活でヒヤヒヤしてしまうことが多い人はチェックしてみてはいかがでしょう。

■忘れ物をしやすい人にいいかも

休日の翌日はよくサイフを自宅に忘れて出勤して昼ごはん買えないってなっちゃいますが、通知が来るので防げます♪

仮に通知に気付かなくても、追跡すれば自宅にあることがわかるのでどっかで落としたんじゃないかって不安は取り除くことができます

GPS表示を使うため、あえて会社に「Wistiki」を置いて外出をしてみました。MAP画面を開いてみると、自分の位置と「Wistiki」のアイコンが表示され、距離がどれだけ離れているかが分かります。

Wistiki=落し物発見器

■もちろん問題もある

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する