従来の「インターネット契約」と言えば、

フレッツ光(回線)は「NTT」
プロバイダー利用料は「プロバイダー」
というように契約とインターネット料金の支払いが分散していましたが、光コラボレーションモデルのサービスを契約する事で、支払いを1本化出来るようになります。

これは特にライトユーザーにとってはネットを使うための契約が1本化されるというわかりやすさがありますし、法人にとっても経理業務の低減などに繋がります。

契約が1本化されるということは、サポートについても基本的には1本化されることを意味します。つまり、トラブル時にNTTに聞くのか、プロバイダーに聞くのか悩む必要はなく、まずは契約した光コラボレーション事業者に問い合わせればよいということになります。

出典光コラボレーションのメリットとデメリットとは?- 光コラボレーション基礎知識 | 株式会社スピーディア - Linux、その可能性の中心へ -

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

株式会社ベストエフォート×仙台89ERSの【89ERS光】89ERSファン必見!【光コラボ】

光コラボレーションの1つに89ERS光というサービスがあります。これは株式会社ベストエフォートとプロバスケットボールの仙台89ERSが提携した光回線サービスです。回線のサービス内容から運営会社である株式会社ベストエフォート・仙台89ERSについてまとめました。

このまとめを見る