1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヤマハ音楽振興会「JASRAC」提訴へ…著作権めぐり新たな動き

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する件に動きが…問題点や争点など、現状と今後が気になります。

更新日: 2017年05月16日

40 お気に入り 176173 view
お気に入り追加

教室演奏の著作権めぐりヤマハがJASRACを提訴へ

音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、「教室での演奏には著作権は及ばない」として、

JASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。

JASRACは国内外の楽曲約350万曲の著作権を管理する団体。楽曲を使用する人々から著作権料を徴収し作詞家・作曲家に分配している。

話の発端は…2月にJASRACの新たな徴収方針が発表され

2月2日、「ヤマハ音楽教室」など楽器の演奏を教える教室から著作権料を徴収する方向で検討していると明らかにした。

内容は「2018年1月以降、音楽教室から楽曲の著作権使用料を徴収する」というもの。徴収額はレッスン料の2.5%

JASRAC(日本音楽著作権協会)が楽器の演奏などを教える音楽学校での楽曲使用に対しても、著作権料を徴収する方針を明かしたことに対応

この件では、受益者側の複数の関係者も疑問をツイート

もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-…

JASRAC正会員の一人として。私は「営利を目的とする場」での演奏であるなら、当然楽曲の著作権使用料は払うべきものだと思う。だけど、音楽教室で「練習のために」弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない。 nikkansports.com/general/nikkan…

「残酷な天使のテーゼ」作詞者の及川眠子さん

著作権に関わらず、〜権て難しい。得るものに対し対価を払う心意気があるかどうか、て自分は考えるようにしてるけど、なんだかなー。 asahi.com/sp/articles/AS…

ロックバンド「くるり」の岸田繁さん

音楽教室がJASRACに使用料を払わねばならなくなると、授業料が値上がりする。子供の頃から楽器習わせることが難しくなって、日本の音楽が衰退する。やるべきことが逆だろう。 twitter.com/YahooNewsTopic…

音楽評論家・音楽プロデューサーの高橋健太郎さん

問題点や争点は、どこにあるの?

同会側は「技芸の伝達が目的で聞かせることが目的でない」と主張。JASRACは「人気曲を使い、魅力を生徒が味わっている以上、聞かせることが目的」と反論

演奏権が及ぶのは公衆に聞かせるための演奏であり、音楽教室での練習や指導のための演奏は該当しない

音楽教室側

「権利者にお金が回ることが新しい作品を生む」「『受講料は取る、でも外にお金を一切出さない』では創作者にお金が回らない」

JASRAC側

では、音楽教室での演奏は「公衆に聞かせるための演奏」なの?

生徒が決まった時間にレッスンを受けなければならない教室もありますし、完全にマンツーマンのみの教室もあります。

このような場合にも『公衆』にあたるのかどうかは、裁判例からは明らかにされていません

この教室演奏の著作権めぐるニュースはネットでも話題に

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。