1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

マニアックな趣味を持つ女性が描かれたマンガ 7選

打ち明けられない人もいれば、全然平気という人も。「スローモーションをもう一度」「87CLOCKERS」「コンプレックス・エイジ」「木根さんの1人でキネマ」「トクサツガガガ」「ゆうべはお楽しみでしたね」「オタシェア! ~エロゲ女子×腐女子×ルームシェア~」の7作品。

更新日: 2017年07月21日

arthur304さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
590 お気に入り 166915 view
お気に入り追加

■『スローモーションをもう一度』加納梨衣

彼には、誰にも言えない「秘密」があった…
それは、アイドルや歌、おもちゃなどの「80年代文化」が大好きということ!

自分が大好きなものを誰とも共有できず寂しい思いをしていた大滝くんだったが、ある日、クラスメイトの薬師丸ちゃんが同じ趣味を持っていることを知る。

スローモーションをもう一度2巻読み!単行本も毎話も表紙が特に可愛いんだよね、絵が好き!80's風の目がまんまるでほっぺぽっちゃりの感じうまいなー!いじらしいほどの青春がたまりません!10代に戻りたいw #スローモーションをもう一度 pic.twitter.com/w0nyb7YIPM

スローモーションをもう一度(加納梨衣)80年代が好きな現代の高校生2人が、当時のアイドルなどを通して心を通わせていくお話。ど真ん中な世代ではないけど思わずそういえばあったな!懐かしい!と思う、オモチャやポケベルとかがザクザク出て来… twitter.com/i/web/status/7…

スローモーションをもう一度って漫画が最高に面白い!80年代の色んな物が織り込まれてて、懐かしい〜ってなる(*´∇`*)平野ノラさんも流行ってるし、時代は80年代だな!

■『87CLOCKERS』二ノ宮知子

一目惚れした美女が虐げられていると思い込んだ音大生の奏(かなで)は、彼女を助けるため、“パソコンのF1レース”と呼ばれるオーバークロックのディープな世界へ足を踏み入れる。

PCを使ったホビーのなかでもディープすぎて一見さんにはほとんど理解されないクロックアップ&オーバークロック。

オーバークロックとは、簡単に言うと、パソコンを速く動かすことをひたすら競うレースのことらしく、世界中で沢山の人が夢中になっていて、世界大会も開かれていて、優勝したりすると、スポンサーもついたりして、億万長者になったりしちゃうらしい。

87CLOCKERS。 のだめカンタービレの作者が紡ぐ超マニアックな漫画。 世界中の人がPCの処理速度を競うオーバークロックが題材。 非常に地味なのになぜか熱くてコミカルでおまけに恋愛模様もで新感覚盛り沢山。 興味ない人にも是非! pic.twitter.com/w5FXvJAY7Y

「87CLOCKERS / 二ノ宮知子」オーバークロックというPCの処理速度を競う競技を知ってます?私はこのマンガに出会わなかったら一生知ることがなかったと断言します。全て理解出来てるかと問われると殆どわかりません。それでもこのマ… twitter.com/i/web/status/8…

87clockers読了。この圧倒的なオタク臭いマニアックさはすごい好み

■『コンプレックス・エイジ』佐久間結衣

26歳の派遣社員・片浦渚にとって、「コスプレ」こそが人生のすべて。特に「マジカルずきん☆ウルル」の主人公・ウルルになりきることに、彼女は心血を注いでいた。

図画であるキャラクターと現実とのギャップや加齢の悩み、家族や会社の同僚などへの趣味バレなど、コスプレイヤーが現実によく体験したり直面したりする出来事を生々しく描いている。

@guy_ferd 「コンプレックス・エイジ」 レイヤーさんが読むと共感できる部分もあって面白いかも♪ pic.twitter.com/od94stF8D6

@curekama お勧めというより読んだ時のあなたの反応が見たい『コンプレックス・エイジ』。26歳会社員趣味コスプレの主人公が、好きだからこそストイックに趣味にめり込む一方、好きだからこそ年齢や周囲の目線に苦しむ。痛みを感じる漫画。 pic.twitter.com/8syyRpc6GR

コンプレックスエイジ読んでて辛い、、、共感すること多すぎんよ、、、

■『木根さんの1人でキネマ』アサイ

30ン歳独身OL・木根さんの趣味は1人で映画を観ることと感想ブログ。

好みの映画ジャンルはアクション映画、ゾンビ映画などのホラー映画が多い。極端に偏ったジャンルを愛好する事を知られるのを恐れ、会社では映画好きである事を隠している。

映画1本を詳しく語るではなく映画好き又は映画あるあるが話の焦点となっています。

久々にコミックに嵌った。「木根さんの1人でキネマ」SUGEEEEEEEE。何か共感しすぎて辛い。サメもんやゾンビもんを見続けてもいいんやなと思った。許されるって嬉しい。

1 2





arthur304さん

エンタメ・時事問題に興味があります。