1. まとめトップ

0318「iOS 11.3.0で脱獄不要」アップデート速報、バグ修正やセキュリティ改善・不具合とは?

平成29年5月16日(火)にリリースされた最新OS、iOS10.3.2についての最速まとめ

更新日: 2018年07月10日

5 お気に入り 11636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

icpoさん

気に入っていただけましたらTwitterで拡散をお願いします<(_ _)>

iOS11.3.0は2018/03/21にリリース開始予定

新しいAR体験
iOS 11と共に登場したARKitにより、拡張現実はiPhoneやiPadをお使いの何億人もの方々の手に届けられ、iOSは世界最大のARプラットフォームへと進化しました。Appleは引き続き、このエキサイティングなテクノロジーの革新に挑み、これまで以上に現実世界と一体化して目眩くような没入感にあふれるAR体験を実現するARKit 1.5を用意し、これを新世代のARアプリケーションを生み出すパワーを備えたツールとしてデベロッパに提供することにしました。

ARKitでは新たに、従来のテーブルや椅子のような水平面に加え、壁やドアのような垂直面も認識してその上に仮想オブジェクトを置けるようになるほか、円形テーブルのような不規則な形の面もこれまで以上に正確にマップできるようになります。先進的なコンピュータビジョン技法を利用して、看板、ポスター、図版のような2Dイメージの位置を検出·認識することにより、こうした現実世界のイメージをAR体験に組み込み、美術館をインタラクティブな展示品で埋め尽くしたり、映画のポスターに命を吹き込んで生き生きと動かしたりすることも可能になります。

メッセージに新しいアニ文字などが追加

アニ文字は、iPhone Xユーザの間で爆発的な人気を呼び、自分の声や顔の表情を記録してアニ文字メッセージを送る以外に、アニ文字を使ってカラオケを歌うビデオまで登場しています。iOS 11.3では4種類の新しいアニ文字が追加され、iPhone Xユーザであれば、ライオン、熊、ドラゴン、頭蓋骨を使って自分を表現できるようになります。iPhone Xが搭載するA11 BionicチップとTrueDepthカメラの働きにより、50以上の異なる表情筋の動きが捕捉·分析されてアニメーションデータが作られ、これを16種類のキャラクターのひとつに当てはめて、アニ文字メッセージを送れるようになります。

バッテリーとパフォーマンス
iOS 11.3には、バッテリーの健康状態を伝え、バッテリーの修理が必要な時にそれを推奨してくれる新機能が加わります。この新機能は、設定アプリケーションのバッテリー項目に用意され、iPhone 6以降で利用できます。

さらに、iOS 10.2.1より導入された、iOSデバイスの最大パフォーマンスを動的に管理して予期しないシャットダウンを避ける電源管理機能がオンになっているのを確認して、これを利用者の判断でオフにすることが可能になります。この機能は、設定アプリケーションのバッテリー項目に用意され、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusで利用できます。

ヘルスケアアプリケーション内での健康の記録

新機能のHealth Recordsでは、病院、診療所、これまでのヘルスケアアプリケーションをひとつにまとめて、利用者が自分の医療データを複数の提供元から集めて必要な時に簡単に見られるようにするものです。この取り組みに参加する医療機関の患者であれば、それらの医療機関から集めた情報を整理してアプリケーション内のひとつの場所で確認したり、検査結果、投薬、身体状態などに関する定期的な通知を受け取ったりできるようになります。健康の記録のデータは暗号化され、パスコードにより保護されます。

Apple Musicがまもなくミュージックビデオの宝庫になります。利用者であれば、広告表示に邪魔されることなく見たいミュージックビデオをすべてストリーミングにより視聴できます。

新着のビデオはもちろん、おなじみの旧作、お気に入りアーティストの作品も、新しいミュージックビデオのプレイリストを通じて、連続視聴できるようになります。

Apple Newsでは、For Youに新たに追加されるVideoグループ、および機能向上されるTop Storiesを通じて、その日の最も重要な映像を見られるので、これまで以上に簡単に最新の情報に詳しくなれます。

HomeKitソフトウェアの認証が素晴らしい新手法を通じて、デベロッパは既存のアクセサリを、プライバシーやセキュリティーを保護しながら、HomeKitに対応させることができます。

Advanced Mobile Location(AML)対応により、この機能に対応している各国の警察や消防、救急などの緊急サービスに電話を掛ける時は、相手先に利用者の現在位置が自動的に送信されるようになります。

02/20 iOS11.2.6リリース

01/09更新iOS11.2.2は全ての人に更新を推奨

つい先ほどAppleはiOS 11.2.2を公開し、SafariとWebKitにいくつかの改善を施すとともに、Spectre脆弱性を緩和した。macOSもアップデートされた。これはmacOS High Sierra 10.13.2に対する追加アップデートで同じくSpectre対応が含まれる。

例によって、所有するデバイスは常に最新のセキュリティーパッチを当てた状態にすべきだ。今回のMeltdownとSpectreの脆弱性は深刻だ。Meltdownを悪用すると、悪意のアプリケーションがカーネル内の非暗号化メモリーを参照できる。パスワードや暗号化キーを他人に見られていい人はいない。

Meltdownは、すでに過去のアップデートで対応済みだ。iOS 11.2、macOS 10.13.2、およびtvOS 11.2にはMeltdownを緩和する修正がすでに含まれている。Apple WatchのCPUはMeltdownの影響を受けない。

Spectreは、複数アプリケーション間の障壁を破るだけなのでMeltdownほど深刻ではない。しかし、ウェブブラウザーでJavaScriptを使って悪用することが可能だ。誰かが悪質なJavaScriptコードを広告に入れて配信する前に修正することが重要なのはそのためだ。

iPhoneまたはiPadのユーザーは、設定アプリを開き、一般-ソフトウェアアップデートに進む。Macでは、Mac App Storeに行ってアップデートを確認する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook )

11/01にiOS11.1登場しました

Twitterの皆さん

こんな時間に目が覚めたら、iOS11.1が来ていた。 とりあえず仕込んで寝る。

iOS11.1、ステータスバーをタップして一番上にスクロールする時にヌルッとなるの見てて気持ちいい

iOS11.1ハリネズミの絵文字追加されてるやん!✨ 周りの人の様子見てからアップデートしよ✨ https://t.co/4X1kW4PnZk

1 2 3