1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

世界70か国以上にあるイタリアンバールの"セガフレード"って知ってる?

本格的なイタリアンバール。目の前でエスプレッソを落とし。カフェとは違い、コーヒーだけではなくカクテルやビールもあるイタリアンバール。そしてちょこちょこ話題になる過去に販売された季節限定の高インパクトドリンクなど、セガフレードついてご紹介。

更新日: 2017年05月16日

6 お気に入り 3802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s-k.iphさん

セガフレード・ザ・ネッティって?

そもそも名前が長い...。

昨日、雨の下北にわざわざ電車乗り継ぎで行って用事だけ済ませて帰ってきたんだけど、そういえばセガフレードがあったんだった。早く新しいフードメニューが出ないかな(今のメニューで気になるのは大体たべたw)

エスプレッソを中心的な商品とするが、酒類の提供も行われているためカフェ・バールに分類される。料理はオーダーを受けてから調理する食事を提供している点が特徴として挙げられる。メニューの中では特にパニーニが有名。

店内に入ると、店員さんからイタリア語で挨拶してくれる。
・Buon giorno! [ おはようございます! ]
・Buona sera! [ こんばんは! ]
・Ciao! [ やあ! / またね! ]

僕は週に2.3回行くのでいつのまにか挨拶が"チャオ!!"って言われます

どんなお店??

スタバと間違えられることがありますが。
スタバと違うのはアルコールがあることです。
朝っぱらから、外国人がテラス席でビールを飲んでいます。

いわゆるホットサンド
パニーニはモッツァレラチーズやバジルソース、アボカドなどといったイタリアならではの具材がたくさん入っている。

エスプレッソは作り手のバリスタの力加減で味,コク,香りが変わるという、繊細な飲み物。

※セガフレードのエスプレッソについて
セガフレードのコーヒー類(エスプレッソだけでなく、カフェラテなど)はセガフレード社が公認したバリスタのみが作れる。逆を言えば、エスプレッソを作るには厳しいバリスタ研修と試験を合格した人のみ作れるそうです。

セガフレードは他のカフェとの大きな違いはアルコールがあること。カクテルやビールも。朝から飲めます。

冷たいバニラアイスと熱々のエスプレッソをかけて食べるアイス。その名も"アフォガード・エスプレッソ"

【セガフレード・ザ・ネッティ・エスプレッソ】
・イタリアで定番のパニーニが食べられる。
・本格エスプレッソが300円で味わえる。
・エスプレッソだけでなく生ビール,カクテル,ワインなどアルコール類も楽しめる
・アンティパスト(おつまみ)も用意されている。
・赤と黒のツートーンカラーをメインにした洗練されたインテリア。

赤と黒のシンプルなお店

過去に販売された季節限定のドリンクがぶっ飛んでいる??

こしあんベースのお汁粉に豆乳を加え、抹茶フレーバーのホイップクリームをたっぷりと絞ったラテ。トッピングとしてミニサイズのたい焼きを丸々1個使う

今度はたい焼きが...

1 2