葬儀など格式が求められる場で使用できる唯一の腕時計
白文字盤、三針、黒の革ベルトの腕時計だけが、フォーマルの最上。
他の全ての腕時計がフォーマルではない!というわけではないのですが、葬儀などの場ではこれ以外全てが“失礼にあたる”のです。

葬儀の席では装飾品の類いが禁止です。
アクセサリーでもある時計の金属バンドはモロにこれにあたり、クロノグラフなどの機能も“よけいな付加価値”。
着飾るような場ではないので、黒い文字盤なども相応しくない。しかし、偲ぶ席ですので革バンドなどは喪に服す黒色で揃える必要がある。

結果、白い文字盤の時間がわかる程度のシンプルな実用品が求められるわけです。

出典ご存知ですか?葬儀などに使える時計の種類は一種類だけ。 | 社会人の教科書

逆に、上記の腕時計はビジネスシーンでももちろん安心して使うことができるので、予算的に「まずは1本ちゃんとした腕時計が欲しい!」と言う方は、白文字盤の三針、黒革ベルトの腕時計から購入を考えるのがいいかもしれません。
某巨大掲示板などで「鉄板」と言われるこのジャンルの腕時計がSEIKOのドルチェ。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

フォーマルな腕時計って?パーティや冠婚葬祭で使える高級腕時計ブランド

パーティ会場には高級腕時計が集まる パテック・フィリップ、A.ランゲ&ゾーネ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲ… フォーマルシーンにふさわしい腕時計は薄型の時計で黒の革ベルト白文字盤、カレンダーなし秒針なしの2針 中年のおっさんにはジャガールクルトが受けが良い ロレックスはマナー違反!?

このまとめを見る