1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

海外で人気爆発中。”柴犬ブーム”が加速していた

「Shiba Inu」が全世界の共通語になりましたね

更新日: 2017年05月17日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
80 お気に入り 94647 view
お気に入り追加

■日本人にとって癒しの存在

柴犬は日本古来から存在し、昔から多くの家庭で飼われ、大変馴染み深い犬種。

日本犬6種のうち最も人気が高く、また国の天然記念物に指定されている

体つきはコンパクトながら筋肉質で頑丈で、寒暖差や気候の変化にも強いので庭犬としても安心。

大胆で勇敢な性格から少々やんちゃな面もあるが、飼い主に従順で警戒心が強いため、番犬にも向いている。

■そんな柴犬は近年、海外で大人気!

Meet Booker! 4 month old yellow lab and Shiba Inu mix pic.twitter.com/2FiUVMkfWb

こちらは柴犬とラブラドールのミックス犬みたい

東京の武蔵小金井にある、タバコ屋さんの看板犬「シバくん」が海外メディアに取り上げられ、外国人観光客の間で有名な観光スポットになっているそうです♪ buff.ly/1A3jNnp #ワンちゃん #動画 pic.twitter.com/9VsqySK7MQ

■人気のきっかけ

約20〜30年前から世界各国で日本文化の認知度が高まり、日本犬の中で最も人気が高く頭数も多い柴犬は代表格として広まった。

2009年の『Hachi 約束の犬』の公開、2012年の世界最大級のドッグショーで英国生まれの柴犬が初優勝、などで注目の的に。

そして、動画サイトやSNSを通じて柴犬の魅力が急速に広がり、「Shiba Inu」として爆発的な人気を得た。

なかでも特に人気が高い柴犬が…

■柴犬ブームの火付け役。日本を代表するアイドル犬

2011年の東北地方太平洋沖地震の際、SNSにネガティブな内容が多いことを憂慮した飼い主が写真のアップを始めたことがきっかけ。

今やTVやCMへの出演はもちろん、いくつもの書籍を発行するまでとなった、国内外で大人気の柴犬。

2016年にはTIME誌で「最も影響のある動物100」に選出された

■その表情に癒される人が続出中

2013年9月17日生まれのオスで、“だいふく”という名前は「大きな福を招きますように」という願いを込めて命名。

嬉しいときはお耳がヒコーキ雲のように横に倒れ、歯を見せて笑うなど、とっても表情豊かな所が特徴。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。