ビーグル号は1831年12月にイギリスを出航。南米(1834年7月)、ガラパゴス諸島(1835年9月)、ニュージーランド(1835年12月)、オーストラリア(1836年1月)、ケープタウン(1836年6月)などを経て、1836年10月、27歳のときにイギリス帰着。

ダーウィンは、ビーグル号での5年におよぶ調査から、種が独立して創られ、それ以来不変であるという考えに疑問を感じ、種の変化に関する研究を続ける。

1838年に「厳しい自然環境が、生物に起きる突然変異を選別し、進化に方向性を与える」という自然選択説に到達。その証拠を集めるため20年にわたり調査を継続する。

1839年1月、29歳のときにダーウィンは結婚。同年12月には長男が生まれる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

チャールズ・ダーウィンの名言

チャールズ・ダーウィンの名言をまとめてみました。

このまとめを見る